名古屋市立大学 大学院看護学研究科・看護学部

キャンパスライフ

国際交流活動

韓国ハルリム大学看護学科との交流

2011年より毎年、韓国ハルリム大学医学部看護学科と交流を行っています。隔年で、ハルリム大学への本学の学生の短期留学(2‐4年生、4名)、ハルリム大学からの学生の受け入れを行っています。2017年、2018年はハルリム大学の学生を受け入れました。

ハルリム大学短期留学プログラム(2016年は9月に実施、2019年も9月の予定)
  • ハルリム大学看護学科での講義、演習への参加
  • ハルリム大学付属病院(春川市、ソウル市)の見学実習
  • ハルリム大学看護学科学生との交流
  • 春川市、ソウル市の観光

*往復航空運賃は本学後援会より全額支援を受けています。現地の滞在費のみ自己負担となっています。講義や会話はすべて英語で行います。本学教員が同行しています。

IMG_9364.JPG病院実習(2016年)

病院スタッフと
病院スタッフと(2014)

ハルリム大学ボランティア学生と(2014年)
ハルリム大学ボランティア学生と(2014年)

ハルリム大学付属病院での実習(2012年)
ハルリム大学付属病院での実習(2012年)

IMG_0125.JPG

2018年には本学にハルリム大学の学生が来ました(沐浴演習に参加)

IMG_3921.JPG

ハルリム大学学生と本学ボランティア学生で記念撮影(2018年)

東ティモールパーツ大学、国立モンゴル医科大学看護学部との交流

東ティモールパーツ大学とモンゴル国立医科大学から8名の学生が来日しました

2018年10月21日から、東ティモール公衆衛生学部とモンゴル国立医科大学看護学部生が本学のプログラム(さくらサイエンスプラン)に参加しました。各国の保健医療事情の紹介やプレゼンテーション、名古屋市衛生研究所、名古屋市中保健センター、愛知国際病院での研修など充実した1週間となりました。

DSC01777.JPG看護学部2年生 国際保健活動論での一コマ(2018年)

その他の国際交流プログラム

オーストラリアのCQUとは2012年から交流を始め、招聘した教員の講演会やワークショップには学生さんも参加しています。2015年7月にはCQUから6名の学生が本学に来て病院見学や授業参加を行いました。

交流を伝える本学の広報誌の記事(2014年)
交流を伝える本学の広報誌の記事(2014年)

Pup-Edワークショップ (2015年)
Pup-Edワークショップ (2015年)