名古屋市立大学 大学院看護学研究科・看護学部

キャンパスライフ

優秀学生の表彰

学生にチャレンジ精神が生まれるように、授与数を多く設定している事が特色です。

名古屋市立大学では、平成19年度から、真摯に勉学に取り組み優秀な成績を修めた学生に対して、表彰するとともに、奨学金を授与する制度を創設しました。平成24年度からは、次の様な制度になります。

対象者
学部学生(1、2、3年生)、ただし、医学部・薬学部薬学科にあっては1~4年生
奨学金の額と支給範囲
各学科1名の成績最優秀な学生を表彰します。

看護学部における優秀者の選定基準

認定対象学生

  • 1年生については当該年度入学者、2年生については前年度入学者、3年生については前々年度入学者とし、いずれも次年度の5月時点で在籍している者とします。
  • 各学年、成績の最上位者を表彰します。
  • 教養教育科目の既修得単位の認定を受けた学生は、当該学年のみ(通常は1年次)、本制度の対象外となります。
認定の対象となる科目

教養教育、専門教育科目共に必修科目であり、成績が全員同一条件で、かつ数値(素点)で示される科目を対象とします。

上位者決定の方法

成績素点の順によって決定します。素点が同点の場合は「優」の数が多い者を、さらに「優」の数が同じ場合は「良」の数が多い者を上位とします。