名古屋市立大学 大学院看護学研究科・看護学部

キャンパスライフ

看護学部同窓会

名古屋市立大学看護学部同窓会に至るまでのあゆみ

田中道子

名古屋市立大学看護学部同窓会 初代会長 田中 道子

名古屋市立大学看護学部同窓会に至るまでのあゆみは、戦後の新看護教育制度により創設された名古屋女子医科大学附属高等厚生女学校(後、名古屋市立大学看護学校と改める)の第1期生(昭和27年3月卒業)のクラス会からはじまる。昭和40年3月第14期生の卒業を機会として同窓会整備の目的で発起人(代表 田中道子、井田節子、山田重子、石川八千代、松林貞子、清水ひろ子)により総会を開催、同窓会誌創刊号が発行された。そして名古屋市立大学看護短期大学部同窓会誌第1号まで続いた後、同窓会誌を名簿に変更・発行されている。

会報

名古屋市立大学看護短期大学部同窓会は平成11年4月名古屋市立大学看護学部開学以来、看護学部と同一の同窓会となることを希望し、両同窓会の代表による話し合いが重ねられ、その機が熟した平成19年10月8日をもって看護学部と合併し、名称は「名古屋市立大学看護学部同窓会」となった。同年、同窓会合併記念誌が発行された。平成27年9月現在、この同窓会の総会員数は、名古屋市立大学看護学校卒業生1,018名、名古屋市立大学看護短期大学部卒業生1,068名、名古屋市立大学看護学部卒業生1,019名および同看護学部学生会員327名の合計3,432名である。本同窓会は「会員相互の親睦を図り、看護の向上と発展に寄与する」ことを目的に総会、親睦会および名簿発行等の事業が円滑に運営されている。(平成27年9月記)

集合

沿革

名古屋市立大学看護学校 沿革
昭和24年4月1日 名古屋女子医科大学附属高等厚生女学校設置、甲種看護師養成機関として発足
昭和25年3月25日 文部大臣より保健婦助産婦看護婦法(昭和23年法律203号)第21条第1号の規定による甲種看護婦学校の指定を受ける。
昭和25年4月1日 名古屋市立大学設置により、校名を、名古屋市立大学付属構成女学校と改める。
昭和32年9月1日 校名を名古屋市立大学看護学校と改める。
昭和42年10月15日 同窓会会則を決める。
昭和51年4月1日 看護教育法に基づく「専修学校」(専門課程)とし認可される。
平成2年3月31日 名古屋市立大学看護学校、発展的に閉校。
名古屋市立大学看護短期大学部 沿革
昭和60年6月 名古屋市議会において名古屋市立大学看護学校(昭和24年4月 名古屋女子医科大学附属高等厚生女学校として開校)と名古屋市立看護専門学校(昭和43年4月開校)と統合し、名古屋市立大学看護短期大学部を設立することが了解された。
昭和62年12月 名古屋市立大学看護短期大学部の設置認可
昭和63年4月 名古屋市立大学看護短期大学部専攻科助産学専攻の設置
平成3年4月 専攻科助産学専攻が学位授与機構の認定を受ける
平成6年4月 名古屋市立大学看護短期大学部看護学科、発展的閉校
平成14年3月 名古屋市立大学看護短期大学部専攻科助産学専攻 発展的閉校
名古屋市立大学看護学部 沿革
平成8年5月 名古屋市立大学評議会において平成11年度を目標に看護学部を設置することが了承された。
平成10年12月 名古屋市立大学看護学部の設置認可
平成11年4月 名古屋市立大学看護学部設置

役員名簿

役員一覧
(平成29年12月1日現在)
役職 氏名 卒年
顧問 田中道子 看護学校1期生
会長 岡嶋良枝 看護学校12期生
副会長 脇田恵美子 看護学校18期生
副会長 早川則子 看護短期大学部1期生
副会長 遠藤晋作 看護学部6期生
理事 小黒智恵子 看護学校31期生
理事 水野圭子 看護学校38期生
理事 足立珠美 看護短期大学部1期生
理事 吉川寛美 看護学部1期生
理事 山口大輔 看護学部4期生
理事 内藤敦子 看護学部4期生
理事 岩渕千聡 看護学部4期生
監事 井出由美 看護学校27期生
監事 大崎真理 看護短期大学部6期生
監事 糸魚川一美 看護学部3期生

会則

看護学部同窓会会則平成28年度改正(PDF 171.9 KB)

次回総会のご案内

平成29年11月18日(土)11:00~ ▶ 詳細はこちらをクリック

総会レポート

2017年11月18日 ▶ 詳しく見る
平成29年度 名古屋市立大学看護学部同窓会総会報告
2016年11月19日 ▶ 詳しく見る
平成28年度 名古屋市立大学看護学部同窓会総会報告
2015年11月14日 詳しく見る
平成27年度 名古屋市立大学看護学部同窓会総会報告
2014年12月2日 詳しく見る
平成26年度 名古屋市立大学看護学部同窓会総会報告