名古屋市立大学 大学院看護学研究科・看護学部

学部・大学院

大学院看護学研究科の教育目標・概要

大学院看護学研究科 教育目標

【前期課程】
臨地における問題や課題に積極的に取り組む研究・実践能力を養う。

【後期課程】
健康生活支援や新たなケアシステムに関する研究を通じて看護学の学問的構築を推進できる優れた教育・研究者を育成する。

概要

博士前期課程

看護学研究科の博士前期課程看護学領域には次の10教育研究分野が設置され、臨地における問題や課題に積極的に取り組む研究・実践能力を養うことを教育目標としています。性生殖看護学は、リプロダクティブヘルスの視点から女性とその家族の健康への教育支援や看護援助方法を、成育保健看護学は、子どもの成長過程に生じる健康問題、病気や障害をもつ子どもや家族の健康問題などの研究を行います。クリティカルケア看護学は、急性臓器障害や侵襲的治療によって生命の危機状態に陥った人やその家族がもつ看護問題を、慢性看護学では慢性疾患を有する人およびその家族の身体・心理・社会・霊的ならびに倫理的問題を明らかにするとともに、それらの諸研究を知り、看護援助に必要な理論や概念について学び、実践と研究への適用を探究します。 看護マネジメント学は、医療の質と安全、看護管理に関する研究を、高齢者看護学では高齢者の生理的機能の低下や疾病による健康障害等に対する看護援助等について探究します。感染予防看護学は、院内感染サーベイランス、感染制御アプローチの感染予防ケアに関する研究を、精神保健看護学は精神科病院等で活動する看護師の専門性、あるいは心理的障害・不適応の問題に関する研究を行います。地域保健看護学では地域や家庭などの生活の場における看護活動や地域ケアシステムの開発、在宅療養者の訪問看護活動などの地域保健活動について多面的に検討します。国際保健看護学ではHIV/STIの疫学、予防啓発・ケア等の感染予防ケアに関する研究を行います。

博士前期課程助産学領域の教育研究分野には助産学があり、これはさらに修士論文コースと上級実践コースに分かれ、後者には助産師国家試験受験資格取得コースとアドバンスコースがあります。

平成19年度には博士前期課程にクリティカルケア看護の専門看護師(CNS)コースを設置し、平成21年1月には同コースの認可を得ました。複雑で解決困難な看護問題をもつ個人・家族や集団に対して、水準の高い看護ケアを提供するための特定の専門看護分野の知識・技術を深める教育プログラムです。

平成20年度には博士前期課程に、助産学領域助産学分野を設置し、社会的ニーズに応えられる上級の助産実践能力を修得する実践コースと臨床助産の研究に取組む修士論文コースがあり、実践コースは助産師の国家試験受験資格を得るコースと上級のアドバンスコースに分かれます。

また、平成24年度には精神看護専門看護師コースの学生受け入れを開始しました。

博士後期課程

後期課程は健康生活支援や新たなケアシステムに関する研究を通じて、看護学の学問的構築を推進できる優れた教育・研究者を育成することを教育目標とします。教育研究分野は、前期課程の10分野を再編成し、性生殖看護学・助産学、成育保健看護学、クリティカルケア看護学、高齢者看護学から成る 「健康支援看護学分野」と、感染予防看護学、精神保健看護学、地域保健看護学、国際保健看護学から構成される「ケアシステム看護学分野」の2つを設置しています。

教育課程

教育課程としては前期課程・後期課程ともに、各教育研究分野を担当する教員がそれぞれの専門分野をより深く探究するための知識を教授する講義科目、各院生の専門分野に関する疑問を特別研究へと展開させる演習科目、専攻する教育研究分野における学位論文作成に不可欠な論文作成指導を行う特別研究で構成されています。また、それらとは別に、研究内容・方法の補強のための支持科目等も開講されています。これらの講義、演習等は、仕事を続けながらでも学習継続が可能なように、通常の時間帯のみならず、平日の夜間帯にも開講されています。

進路について

これまでの看護学研究科修了生の進路としては、全国の大学等の教育・研究機関に教員として、また地域や病院に看護師・保健師・助産師として就職しています。今後は、海外の教育機関等への就職も可能と思われます。

中期計画における重点的取り組み

看護学研究科では、高度実践力の質的担保を図る教育の実施などにより、高い専門性を有する看護職者を育成するほか、看護教育者・看護研究者の積極的育成をめざします。また、特定看護師(仮称)をめぐる社会的状況等に対応しながら専門看護師教育コースを充実させます。