名古屋市立大学 大学院看護学研究科・看護学部

学部・大学院

大学院看護学研究科 カリキュラム(博士前期課程)

大学院看護学研究科:博士前期課程の各教育分野の内容と担当者について。

大学院看護学研究科 博士前期課程 教育目標

臨地における問題や課題に積極的に取り組む研究・実践能力を養う。

各教育研究分野の内容と特徴及び担当者

看護学領域
性生殖看護学(寺口顕子准教授)
リプロダクティブ・ヘルスという視点から思春期・成熟期・更年期・老年期の女性とその家族の健康への健康教育支援、看護援助方法の探究に取り組む。マタニティステージにある母性形成の基盤の強化を図るための援助や母子双方の健康を志向するという点で、現在だけにとどまるものでなく未来の人類のwell-beingを視座におき、ライフサイクル各期の女性とその家族のQOLの向上を目指す看護援助法を探究する。
成育保健看護学(堀田法子教授)
子どもが育つ過程に生じる健康課題や健康問題、病気や障害をもつ子どもやその家族の健康問題や危機的状況などに焦点をあて、学習、検討する。胎児期から思春期までの小児各期の発達特性や健康生活の特徴をふまえ、健康問題が起こっている現象の理解を深め、問題解決に向けての看護学的接近法を探求する。
クリティカルケア看護学(明石惠子教授)
急性臓器障害や侵襲的治療によって生命の危機状態に陥った人の病態生理的特徴、心理・社会的特徴、治療環境などを理解し、実践を通して患者および家族がもつ看護問題および倫理的問題を探究する。そして、患者の生命の維持、生理的機能の回復、苦痛の緩和、日常性の回復、セルフケア能力の回復/再獲得、QOL(生活の質)の向上を目的とした看護援助、家族への支援の方法を探究する。
慢性看護学(池田由紀准教授)
慢性疾患を有する人およびその家族の身体・心理・社会・霊的ならびに倫理的問題を明らかにするとともに、それらの 諸研究を知り、看護援助に必要な理論や概念について学び、実践と研究への適用を探究する。さらに、対象のQOLの維持・向上を目指したセルフマネジメントのために必要な患者教育などの必要な支援の方法を探究する。
高齢者看護学(山田紀代美教授)
高齢者の生理的機能の変化や低下あるいは疾病による健康障害、そしてそこから発生する生活障害等を、総合的にアセスメントし、その予防、改善、QOLの向上等にむけた適切な看護援助方法を探究する。あわせて、高齢者を取り巻く家族、地域、社会との関係の中で、生じる様々な変化あるいは問題に対して、その因果関係を分析するとともに、援助・支援方法について多面的方向から検討を行う。
看護マネジメント学()
保健・医療・福祉機関における看護サービスの質 保証および質向上に向けて、医療の質・安全に関 する基本的概念、安全管理手法、質評価と質改善 の手法を理解するとともに、看護サービスの提供 体制、看護組織の運営・管理、看護職者の人材育 成・キャリア開発・ストレスマネジメント等、看護管 理の原則と実践について学び、質の高い看護サ ービス提供に資する効果的な看護管理の方法を探究する。
感染予防看護学(矢野久子教授)
院内感染サーベイランス、感染制御のアプローチなど感染予防ケアに関連した研究を行う。個人ならびに集団における感染予防を幅広い視野から探求する。具体的には、院内感染予防、在宅感染予防に関するケアを臨床微生物や感染疫学等の手法で研究を行う。1年次には研究の背景となる論文検討を重ねて研究テーマを明確にするとともに、基本的な研究手法の習得に取り組む。2年次にはデータの収集、分析、論文の作成となる。
精神保健看護学(香月富士日教授)
精神疾患患者ご本人およびご家族への看護援助方法、支援方法を探求する。とくに精神科領域のリハビリテーション技法(家族心理教育・認知行動療法・ケアマネジメントなど)についての知識・技術を学び今後の発展の可能性を探求する。また、看護職者の感情やメンタルヘルスに関するテーマについても取りあげ、多角的に検討する。
地域保健看護学(門間晶子教授)
地域で暮らす人々の生活や健康の状態、およびそれらに関連する社会的な事象に対して、地域住民の捉え方や視点を重視しながら探求し、家族、支援者の相互作用や保健師等の支援のあり方を検討する。
国際保健看護学(樋口倫代教授)
HIV/AIDSはパンデミックな感染症として今なお世界的に重要な公衆衛生上の課題であり、特に、脆弱な社会環境(偏見、差別により対策がとられにくい環境)におかれている人々の健康に影響を及ぼしている。日本においても感染者が増加しているHIV/AIDSを中心に、健康行動学、疫学、保健統計学をはじめとする学際的なアプローチを用いた研究手法について修得する。

<看護学領域:専門看護師教育コース>
専門看護師は、ある特定の看護分野において「卓越した看護実践能力」を有することを認定される看護職者である。専門看護師は、それぞれの専門看護分野において次のような役割を果たす。

  1. 専門看護分野において、個人・家族または集団に対して卓越した看護を実践する(実践)。
  2. 専門看護分野において、看護職者に対しケアを向上させるため教育的機能を果たす(教育)。
  3. 専門看護分野において、看護職者を含むケア提供者に対してコンサルテーションを行う(相談)。
  4. 専門看護分野において、必要なケアが円滑に提供されるために、保健医療福祉に携わる人々の間のコーディネーションを行う(調整)。
  5. 専門看護分野において、専門知識・技術の向上や開発を図るために実践の場における研究活動を行う(研究)。
  6. 専門看護分野において、倫理的な問題・葛藤について関係者間での倫理的調整を行う(倫理)。

(日本看護系大学協議会)

クリティカルケア看護学(明石惠子教授)
精神保健看護学(香月富士日教授)

専門看護師教育コース(クリティカルケア看護、精神看護)を希望する場合は、必ず担当教員に事前相談をしてください。

助産学領域
助産学(北川眞理子教授・寺口顕子准教授)
女性とその家族、母子の健康維持や健康を阻害する問題への研究と高度な実践力の育成を積極的に図り、これまでの研究者・教育者育成に加えて、実践コースの設置により専門職助産師の高度実践能力の育成を図る。実践コースは2つに分かれ、アドバンスコースは、スキルアップを行い、より高度な助産実践能力を修得できるよう、リカレント教育を行う。助産師国家試験受験資格取得コースは、基礎助産学の習得と、それに連続して周産期ケアや女性の健康支援について学習を深めることにより、高度な実践能力を有する助産師の育成を目指す。
修士論文コース(北川):助産学領域の臨床疑問や臨地的な課題に対して、適切な研究手法を用いて助産学的視点から研究課題を探究し、修士論文を作成する。
実践コース(北川・寺口):実践コースの課題研究は、助産学演習・実習をとおして研究課題を明確にし、助産の実践を科学し、助産ケアに貢献し得る知見を成果物としてまとめる研究過程を指導する。

* 助産学領域の実践コース(助産師国家試験受験資格取得コース)を希望する者は、看護師免許もしくは看護師国家試験受験資格を有すること、同実践コース(アドバンスコース)もしくは修士論文コースを希望する者は、助産師免許(取得見込みを含む)を有していることが必要です。