名古屋市立大学 大学院看護学研究科・看護学部

学部・大学院

大学院看護学研究科 カリキュラム(博士後期課程)

大学院看護学研究科:博士後期課程の特別研究担当教員とその内容について。

大学院看護学研究科 博士後期課程 教育目標

健康生活支援や新たなケアシステムに関する研究を通じて看護学の学問的構築を推進できる優れた教育・研究者を育成する。

特別研究担当教員とその内容

教授
リプロダクティブ・ヘルスに関する看護援助や助産学領域の臨床疑問について、質的・量的に探求する研究手法を用い、看護援助や助産学研究の開発・概念研究の過程を指導する。
堀田法子教授
子どもが育つ過程に生じる子どもや家族の健康課題や健康問題について、その現象や問題解決に向けての研究過程を指導する。
明石惠子教授
急性臓器障害や侵襲的治療によって、生命の危機状態に陥った人々の健康問題を探求し、看護援助方法を構築する過程を指導する。
山田紀代美教授
加齢や障害によって高齢者やその家族に生じた様々な事象の中から、高齢者看護に関連する研究課題・疑問に対し、調査や実験手法を用いて解明する一連の研究過程を指導する。
矢野久子教授
感染予防看護学に関する実践・文献検討からの研究疑問につき、実験あるいは調査の手法を用いて、感染予防看護学に関する研究過程を指導する。
香月富士日教授
精神疾患を持つ人およびその家族に対する援助方法、援助システムの開発および看護師のメンタル ヘルスの問題に対する支援教育システムの開発に関する研究過程を指導する。
樋口倫代教授
門間晶子教授
地域で暮らす人々の健康を支援する保健師の役割や機能に関する研究を指導する。
薊隆文教授