名古屋市立大学 大学院看護学研究科・看護学部

学部・大学院

看護学部 教員紹介

プロフィール

教授  山田 紀代美(やまだ きよみ)   [研究者データベース]

山田 紀代美

担当科目
  • 【学部】
    看護学概論IV、生涯発達看護論III、地域療養生活看護論、看護研究I、看護研究II、臨地実習C(生涯発達老年系)、臨地実習J(看護学統合実習II:看護統合実習)、健康支援看護学V
  • 【大学院】高齢者看護学特論、高齢者看護学演習、高齢者看護学特別研究、看護学研究方法論、高齢者看護学特講、健康支援看護学特講演習、特別研究、
専門領域

高齢者看護学

研究テーマ
  1. 地域高齢者の日常生活記憶に関する研究
  2. 認知症高齢者に関わる家族、専門職のコミュニケーション方法に関する研究
  3. 要介護高齢者の家族のストレスと介入に関する研究
  4. 在宅の高齢者あるいは要介護高齢者家族へのIT活用の可能性に関する研究
  5. 高齢者の転倒に関する研究
研究業績
  1. 鍋島純世,山田紀代美:地域の虚弱高齢者における純音聴力ときこえの自己評価の関係, 日本看護研究学会雑誌,37(1),115-122,2014.
  2. 三林聖司,山田紀代美:精神科病院認知症専門病棟における認知症高齢者の過去6か月間の転倒経験とBehavioral and Psychological Symptoms of Dementiaの関連,日本看護研究学会雑誌,36(5),49-55,2013.
  3. 梅田奈歩,山田紀代美:地域高齢者の転倒に関する経験が転倒脅威に与える影響,日本看護科学会誌,33(1),82-90,2013.
コメント

最近では、仏像や歴史探索が趣味の女性が増えているそうです。私も神社、仏閣、古墳などを回るのが昔から好きでした。どちらかと言えば有名な観光地よりも人が立ち寄らないような鄙びた寺などがいいですね。時間が出来たら、奈良の古墳巡りをしたいと密かに思っています。