名古屋市立大学 大学院看護学研究科・看護学部

学部・大学院

看護学部 教員紹介

プロフィール

准教授  寺口 顕子(てらぐち あきこ)   [研究者データベース]

寺口 顕子

担当科目
  • 【学部】
    看護学概論III、生涯発達看護論I、クリティカルケア看護援助論、看護演習、看護技術リファレンス、看護研究I、看護研究II、臨地実習A(生涯発達母性系)、臨地実習J(看護学統合実習II:看護統合実習)、健康支援看護学I
  • 【大学院】
    性生殖看護学特論、性生殖看護学演習、性生殖看護学特別研究、看護倫理学、助産学特論I、助産学特論II、助産学演習I、助産学演習II、助産学演習III、助産学演習IV、ウイメンズヘルス特論、ウイメンズヘルス演習、国際助産学演習、助産学概論、助産基盤特論I、助産基盤特論II、助産診断技術特論I、助産診断技術特論II、助産マネジメント論、ライフサイクル健康支援論、助産実践演習I、助産実践演習II、助産基礎実習I、助産基礎実習II、地域助産実習I、地域助産実習II、助産学実習、助産学課題研究、助産学特別研究
専門領域

リプロダクティブヘルス、助産学

研究テーマ

ライフサイクル各期の女性の骨量と体格・生活習慣に関する研究、助産学教育に関する研究

研究業績
  1. 寺口(矢代)顕子:体格と生活習慣が中高年女性の骨塩量に及ぼす影響 (順天堂医学 54(1),82-89 2008)
  2. 寺口顕子:母性のアセスメント(性成熟過程部分)、ナーシング・グラフィカ17 基礎看護学-ヘルスアセスメント(松尾ミヨ子・志自岐康子・城生弘美編)、メディカ出版、246-255、2010.
  3. 寺口顕子:新生児の看護、看護学実践-Science of Nursing-母性看護学(川野雅資監修)、日本放射線技師会出版会、166-199、2007.
コメント

看護職が第1志望ではなかった私が看護に興味を持ち、ある人との出会いを通して助産師を志望し、病産院勤務ののち、今では助産師教育・看護教育に携わっています。面白く、毎日刺激的であると思います。ますます教育・研究に、時々‘ポレポレ’と歩んでまいります。