名古屋市立大学 大学院看護学研究科・看護学部

学部・大学院

看護学部 教員紹介

プロフィール

准教授  尾﨑 伊都子(おざき いつこ)

尾﨑 伊都子

担当科目
  • 【学部】
    地域療養生活看護援助論、看護技術リファレンス、看護研究I、看護研究II、臨地実習H(地域療養生活・リハビリ系)臨地実習J、(看護学統合実習II:看護統合実習)、公衆衛生看護活動論I、公衆衛生看護活動論II、公衆衛生看護活動論III、公衆衛生看護活動論IV、公衆衛生看護活動論V、公衆衛生看護管理論I、公衆衛生看護管理論II、公衆衛生看護学実習A、公衆衛生看護学実習B
  • 【大学院】
    地域保健看護学特論、地域保健看護学演習
専門領域

地域保健看護学、公衆衛生看護学、在宅看護

研究テーマ
  1. 生活習慣の改善に向けた保健指導に関する研究
  2. 高齢者の社会参加と地域組織活動の支援に関する研究
研究業績
  1. 尾﨑伊都子・小西美智子・松浦恵美:勤労者に対するウェブサイトを用いた保健指導プログラムの活用と介入度の違いによる効果の検討,日本地域 看護学会誌,16(1);29-39.2013
  2. 尾﨑伊都子,小西美智子,片倉和子:電子メールを用いた生活習慣改善のための保健指導のあり方(第2報)―長期的な効果を導くフォローアップ―.日本地域看護学会誌13(2);99-105,2011
  3. 尾﨑伊都子,小西美智子,片倉和子:勤労者の健康習慣に関する自己効力感尺度の開発 ―栄養バランス・身体活動・睡眠・節酒・禁煙―.日本地域看護学会誌12(1);35-43,2009
コメント

名古屋市保健所で保健師として勤務したのち本学部の教員となりました。保健師時代に健康づくりや子育て支援を通して赤ちゃんからお年寄りまで多くの住民の方々に出会えたことが、教員として仕事をするうえで貴重な財産になっています。人との出会いや関わりを大切にして教育と研究に携わっていきたいと思っています。