名古屋市立大学 大学院看護学研究科・看護学部

学部・大学院

看護学部 教員紹介

プロフィール

講師  小川 雅代(おがわ まさよ)
担当科目
  • 【学部】
    看護援助論II、クリティカルケア看護援助論、精神療養生活看護論、看護演習、看護技術リファレンス、看護研究I、看護研究II、臨地実習G(精神療養生活系)、臨地実習J(看護学統合実習II:看護統合実習)、ケアシステム看護学III

  • 【大学院】
    精神看護学特論、リハビリテーション精神看護特論、精神看護実習I、精神看護実習II、精神看護実習III
専門領域

精神保健看護学の中で、特に地域生活支援、精神障害を有する人の身体的健康問題を専門にしています。

研究テーマ

1.精神障害を有する人の身体的健康問題に関する研究

研究業績

1) Sono T, Oshima I, Ito J, Nishio M, Suzuki Y, Horiuchi K, Niekawa N, Ogawa M, Setoya Y, Tsukada K. Family Support in Assertive Community Treatment: An Analysis of Client Outcomes. Community Mnetal Health. 48(4):463-70, 2012.

2) Yoshida K, Ito J, Ogawa M. Model Project of Home-Visit Living-Skills Coaching for Individuals with Severe Mental Illness in Japan. International Journal of Mental Health. 40(4):19-27, 2011.

3) Ito J, Oshima I, Nishio M, Sono T, Suzuki Y, Horiuchi K, Niekawa N, Ogawa M, Setoya Y, Hisanaga F, Kouda M, Tsukada K. The Effect of Assertive Community Treatment in Japan. Acta Psychiatrica Scandinavica. Acta Psychiatrica Scandinavica. 123(5):398-401, 2011.

4) Ogawa M, Miyamoto Y, Kawakami N. Factors Associated With Glycemic Control and Diabetes Self-care Among Outpatients With Schizophrenia and Type 2 Diabetes. Archives of Psychiatric Nursing. 25(1):63-73, 2011.

5) 贄川信幸、大島巌、園環樹、小川雅代、深澤舞子、伊藤順一郎.包括型地域生活支援プログラム(ACT)のプログラム要素に対する利用者認知尺度の信頼性と妥当性の検討.精神医学, 53(6):523-533, 2011.

コメント

看護の対象となる方に常に暖かい関心を寄せられる人になってほしいです。また、看護師は生涯勉強が必要な職業なので、自分で自分を成長させる姿勢を身に着けてほしいと思っています。