名古屋市立大学 大学院看護学研究科・看護学部

学部・大学院

看護学部 教員紹介

プロフィール

教授  香月 富士日(かつき ふじか)   [研究者データベース]

香月 富士日

担当科目
  • 【学部】
    疾病・治療論I、看護学概論II、リハビリテーション看護論、看護研究I、看護研究II、臨地実習G(精神療養生活系)、臨地実習J、(看護学統合実習II:看護統合実習)、ケアシステム看護学III
  • 【大学院:前期】
    精神看護学特論、精神看護学演習、精神保健医療福祉制度論、精神看護セラピー特論、精神家族セラピー特論、リハビリテーション精神看護特論、リエゾン精神看護特論、精神看護実習I、精神看護実習II、精神看護実習III、精神看護学課題研究、精神看護学特別研究、コンサルテーション論、フィジカルアセスメント、精神保健看護学特講、ケアシステム看護学特講演習、特別研究
専門領域

精神科領域の看護、精神障害者およびその家族の看護やリハビリテーションが専門です。また、看護師を中心とした医療従事者のメンタルヘルスに関しても専門にしています。

研究テーマ
  1. 家族心理教育と家族支援・家族心理教育の普及研究
  2. 看護師の感情の問題やストレスマネジメントについて
  3. 認知行動療法の効果研究
  4. 統合失調症の早期介入とリハビリテーション
研究業績
  1. 家族心理教育と家族支援・家族心理教育の普及研究

    家族心理教育については、名古屋市立大学病院こころの医療センターの専門外来にて家族心理教育の実践を行っており、特にうつ病に関しては介入研究を行っております。その活動は新聞にも取り上げられました(記事)。また、エビデンスのある実践である家族心理教育を普及するための研究として、心理教育普及ツールキットの作成とそのツールキットを用いての普及研究を行っています。

    • うつ病家族心理教育
      1. Fujika Katsuki, Hiroshi Takeuchi, Mizuho Konishi, Megumi Sasaki, Yuka Murase, Atsuko Naito, Hiroko Toyoda, Masako Suzuki, Nao Shiraishi, Yosuke Kubota, Yoshiko Yoshimatsu and Toshiaki A Furukawa: Pre-post changes in psychosocial functioning among relatives of patients with depressive disorders after Brief Multifamily Psychoeducation: A pilot study. BMC Psychiatry, 11(56), 2011.
      2. 香月富士日:特集「家族との共同治療と家族支援―うつ病の家族心理教育」.最新精神医学,15(3),251-255,2010.
      3. 香月富士日:うつ病の複合グループ家族心理教育のご紹介~名古屋市立大学病院こころの医療センターでの実践~.こころの臨床a la carte, 29(4), 89-93, 2010.
      4. 香月富士日、佐々木恵、竹内浩、他「うつ病家族に対する家族心理教育の心理社会的負担軽減効果 ―予備研究報告―」名古屋市立大学看護学部紀要、Vol. 8, 17-23,2009.
      5. 香月富士日:特集「働きざかりのうつ対策―うつの家族支援―」月刊地域保健10月号,p54-59, 2009.
    • 家族心理教育普及研究
      1. 香月富士日,小西瑞穂,伊藤順一郎,他: 実践報告 ある病院の家族心理教育導入初期の2年間の関わり~心理教育普及ガイドラインおよびツールキットを用いてのコンサルテーション~.家族療法研究,27(2), 167-177, 2010.
      2. 小西瑞穂, 香月富士日, 秋定有沙, 他:統合失調症患者の家族心理教育の立ち上げと継続.滋賀医科大学雑誌, 23(1) 31-35、2010.
      3. 贄川信幸,香月富士日,大島巌,福井里江,伊藤順一郎,塚田和美:統合失調症の家族心理教育実施促進のためのコンサルテーションのプロセス.第18回日本精神障害者リハビリテーション学会浦河大会,2010,北海道.
      4. 二宮史織,福井里江,贄川信幸,香月富士日,大島巌,伊藤順一郎,塚田和美「精神科医療機関における心理教育普及の障壁」精神障害とリハビリテーション,Vol.13(2), 48-54, 2009.
      5. 香月富士日,他.伊藤順一郎監修.心理社会的介入プログラム実施・普及ガイドラインに基づく 心理教育の立ち上げ方・進め方ツールキット 研修テキスト編.地域精神保健福祉機構・コンボ.41-48,2009.
  2. 看護師の感情の問題やストレスマネジメントについて

    患者―看護師関係や看護師の感情について、看護師のストレスマネジメントに関する研究を行っています。看護師の感情態度を測る尺度の作成や看護師のストレスについての横断研究、看護師のストレスマネジメントについての介入研究を行っています。

    • 看護師の感情について
      1. 香月富士日「精神科における看護師の患者に対する心理的距離の関連要因」日本看護研究学会誌、Vol.32(1), 1-7, 2009.
      2. Katsuki F, Fukui S, Niekawa N, et al. Development of the Nurse Attitude Scale short form: Factor analysis in a large sample of Japanese psychiatric clinical staff. Psychiatry and Clincal Neurosciences, Vol 62(3), 349-351, 2008.
      3. 香月富士日、後藤雅博、染矢俊幸:精神科臨床スタッフの感情表出に影響を与える要因―Nurse Attitude Scaleの信頼性・妥当性と下位尺度の意味するものについての検討、精神医学誌49(2)、119-127、2007.
      4. 香月富士日、石塚麻衣子、後藤雅博、染矢俊幸:精神科看護師の感情表出(EE)と患者―看護師間の心理的距離に関する研究、日本看護学会誌, 15(2)48-53, 2006.
      5. 香月富士日、後藤雅博、染矢俊幸:患者―看護師間の心理的距離を構成する要素、日本社会精神医学会雑誌、15, 3-11, 2006.
      6. Katsuki F, Goto M, Takagi H, Ozdemr V and Someya T. Countertransference to psychiatric patients in clinical setting; Development of the Feeling Checklist Japanese version. Psychiatry and Clinical Neurosciences, 60(6), 727-735, 2006.
      7. Katsuki, F., Goto, M., Someya, T. A Study of Emotional Attitude of Psychiatric Nurses ?Reliability and Validity of the Nurse Attitude Scale- International Journal of Mental Health Nursing ,14(4), 265-270, 2005.
    • 看護師のストレスマネジメントについて
      1. 香月富士日,杉松智美,児屋野仁美,高岡光江:精神科看護師に対するストレスマネジメント・エンパワメントプログラムの効果に関する研究 ―無作為割り付け比較試験を用いた研究―.精神保健看護学会誌,22(2), 1-10, 2013.
      2. Fujika Katsuki, Stress of Psychiatric Nurses Alleviated through a Stress Management-Empowerment Program, II. European Psychiatric Nursing Congress, 16, Apr, 2010, Prague, Czech Republic.
      3. 香月富士日,門田真小代,精神科看護師に対するストレスマネジメント・エンパワメントプログラムの効果 ―予備研究報告―.精神保健看護学会誌,19(2), 55-64, 2010.
  3. 認知行動療法

    名市大精神科の医師にご指導いただき、さまざまな疾患についての認知行動療法を行っています。現在はうつ病で不眠である方への認知行動療法や、乳がんの再発不安に対する問題解決療法の研究を行っています。

    • 不眠に対する認知行動療法
      1. Shimodera S, Watanabe N, Furukawa TA, Katsuki F, Fujita H, Sasaki M, Perlis ML: Change in quality of life after brief behavioral therapy for insomnia in concurrent depression: Analysis of the effects of a randomized controlled trial. Journal of Clinical Sleep Medicine, 2013. (印刷中)
      2. Watanabe N , Furukawa TA, Shimodera S, Katsuki F, Fujita H, Sasaki M, SugaY, Kakeda K, Perlis ML: Can assessors in a trial of psychotherapy be successfully blinded? : Analysis of a randomized controlled trial on psychotherapy for refractory insomnia in residual depression. Psychotherapy and Psychosomatics, 82, 401-403, 2013.
      3. Norio Watanabe, Toshi A. Furukawa, Shinji Shimodera, Ippei Morokuma, Fujika Katsuki, Hirokazu Fujita, Megumi Sasaki, Chihiro Kawamura, Michael L. Perlis: Brief Behavioral Therapy for Refractory Insomnia in Residual Depression: Assessor-Blind, Randomized Controlled Trial. Journal of Clinical Psychiatry, 72(12), 1651-8, 2011.