名古屋市立大学 大学院看護学研究科・看護学部

学部・大学院

看護学部 教員紹介

プロフィール

准教授  金子 典代(かねこ のりよ)   [研究者データベース]

金子 典代

担当科目
  • 【学部】
    健康科学、国際保健活動論、疫学、保健統計学II、看護技術リファレンス、看護研究I、看護研究II、臨地実習J(看護学統合実習II:看護統合実習)、ケアシステム看護学IV
  • 【大学院】
    疫学適用論
専門領域
  1. 健康行動学
  2. HIV AIDS予防
  3. セクシュアルヘルス
研究テーマ
  1. 健康行動学に基づくHIV/AIDS予防行動分析
  2. セクシュアルヘルスプロモーション
  3. 性的少数者(Men who have sex with men)のコミュニティベースのHIV/AIDSの予防

研究業績
  1. Nigel Sherriff, Jane Koerner, Noriyo Kaneko, Satoshi Shiono, Michiko Takaku, Ross Boseley, Seiichi Ichikawa:Everywhere in Japan: an international approach to working with commercial gay businesses in HIV prevention, Health Promotion International, 2015 Nov doi: 10.1093/heapro/dav096
  2. 高久道子, 市川誠一, 金子典代:愛知県に在住するスペイン語圏の南米地域出身者におけるスペイン語対応の医療機関に関する情報行動と関連する要因,日本公衆衛生学会誌, 62(11), 684-693, 2015.
  3. 金子典代:第15回日本エイズ学会ECC山口メモリアルエイズ研究奨励賞受賞研究 MSMを対象とするコミュニティベースでのHIV感染予防活動の評価研究の推進,日本エイズ学会誌,17(2),82-86,2015.
  4. Mayumi Imahashi, Taisuke Izumi, Dai Watanabe, Junji Imamura, Kazuhiro Matsuoka, Hirotaka Ode, Takashi Masaoka, Kei Sato, Noriyo Kaneko, Seiichi Ichikawa, Yoshio Koyanagi, Akifumi Takaori-Kondo, Makoto Utsumi, Yoshiyuki Yokomaku, Takuma Shirasaka, Wataru Sugiura,Yasumasa Iwatani,Tomoki Naoe: Lack of Association between Intact/Deletion Polymorphisms of the APOBEC3B Gene and HIV-1 Risk PLoS ONE 9(3): e92861. doi:10.1371/journal.pone.0092861, 2014.
  5. 纐纈ゆき,金子典代,市川誠一:若年女性における過去と現在の性感染症予防行動と情報入手状況の比較,日本ウーマンズヘルス学会誌,第13巻、1号、53-62 2014.
  6. 堀希好,金子典代,市川誠一:養護教諭が生徒から受ける同性への性的指向の相談の実態と対応に関する研究,思春期学31(1), 167-174,2013.
  7. 塩野徳史,金子典代,市川誠一,山本政弘,健山政男,内海眞,木村哲,生島嗣,鬼塚哲郎:MSM(Men who have sex with men)におけるHIV抗体検査受検行動と受検意図の促進要因に関する研究,日本公衆衛生雑誌,Vol.60 No.10,2013.
  8. Koerner J, Shiono S, Ichikawa S, Kaneko N, Tsuji H, Machi T, Goto D, and Onitsuka T: Factors associated with unprotected anal intercourse and age among men who have sex with men gay bar customers in Osaka, Japan, Sexual Health. 2012.
  9. 金子典代,塩野徳史,コーナジェーン,新ヶ江章友,市川誠一:日本人成人男性における生涯でのHIV検査受検経験と関連要因,日本エイズ学会誌
  10. 金子典代, 大森佐知子,辻宏幸,鬼塚哲郎,市川誠一:ゲイ・バイセクシュアル男性におけるHIV 感染予防行動のステージと関連要因 大阪市内での商業施設利用者への質問紙調査から,日本公衆衛生雑誌,Vol.58 No.7,501-5142,2011.
  11. Seiichi Ichikawa, Noriyo Kaneko, Jane Koerner, Satoshi Shiono, Akitomo Shingae, and Toshihiro Ito: Survey investigating homosexual behaviour among adult males used to estimate the prevalence of HIV and AIDS among men who have sex with men in Japan, Sexual Health, 7, 1?2, 2010.
コメント

NGO、行政、医療保健従事者の協働で様々なエイズ予防の研究プロジェクトを行ってきました。ぜひ名古屋市立大学看護学部で共に学びましょう。