名古屋市立大学 大学院看護学研究科・看護学部

学部・大学院

看護学部 教員紹介

プロフィール

教授  樋口 倫代(ひぐち みちよ)   [研究者データベース]
担当科目
  • 【看護学部】国際保健活動論、疫学、保健統計学I、保健統計学II、健康科学、看護研究I、看護研究II、臨地実習J(看護学統合実習II:看護統合実習)、ケアシステム看護学IV
  • 【看護学研究科】
    国際保健看護学特論、国際保健看護学演習、国際保健看護学特別研究、看護学研究方法論、疫学適用論、国際保健看護学特講、ケアシステム看護学特講演習、特別研究、公衆衛生学特講
専門領域

公衆衛生、開発途上国のプライマリヘルスケア

研究テーマ
  1. 健康に関わるリソースへのアクセス
  2. 保健分野における混合研究法
  3. 健康と地域、社会、世界のつながり
  4. 保健分野における実践と研究の橋渡し、及び、そのための人材育成
研究業績
  1. Mizumoto K, Takahashi T, Kinoshita Y, Higuchi M, Bachroen C, Da Silva VA. Qualitative study of risk factors related to child malnutrition in Aileu District, Timor-Leste. Asia Pac J Public Health. 2015; 27: 1398-408.
  2. Higuchi M, Okumura J, Aoyama A, Suryawati S, Porter J. Use of medicines and adherence to standard treatment guidelines in rural community health centers, Timor-Leste. Asia Pac J Public Health. 2015; 27: 2498-511.
  3. Beran D, Higuchi M. Delivering diabetes care in the Philippines and Vietnam: policy and practice issues. Asia Pac J Public Health. 2013; 25: 92-101.
  4. Higuchi M, Okumura J, Aoyama A, Suryawati S, Porter J. Application of standard treatment guidelines in rural community health centres, Timor-Leste. Health Policy Plan. 2012; 27: 396-404.
  5. 樋口倫代. 現場からの発信手段としての混合研究法-量的アプローチと質的アプローチの併用. 国際保健医療. 2011; 26: 107-117.
  6. Higuchi M. Access to chronic disease care in low- and middle-income countries. UN Chronicle. 2010; 47: 26-9.
  7. Higuchi M. Access to diabetes care and medicines in the Philippines. Asia Pac J Public Health. 2010; 22(3 supple): 96s-102s.
  8. 樋口倫代, 奥村順子, 青山温子, Suryawati S, Porter J. 東ティモールの地方における医薬品使用と標準治療ガイドランの活用. 国際保健医療. 2009; 24: 281-288.
コメント

名市大病院で生まれて、桜山キャンパス近くの享栄幼稚園、汐路小学校を卒園、卒業しました。名市大の出身ではありませんが、ご縁があると思っています。

「誰も疫学・統計学を嫌いにさせない」ことを目指しています。可能な限り多くの学生が「疫学・統計学を楽しい、実務で使いたいと思う」ようになることを願っています。そして、健康と地域、社会、世界のつながりについて一緒に考えたいと思います。(こちらもご覧下さい。)