名古屋市立大学 大学院看護学研究科・看護学部

学部・大学院

名古屋市立大学 看護学部・大学院看護学研究科

学部・大学院 教育理念

本当の健康を全ての人に

看護学部

名古屋市立大学は50年以上の歴史を持ちますが、看護学部は最も新しい学部で、1999年(平成11年)にできました。名古屋市立大学には4つのキャンパスがありますが、本学部はそのうちの桜山(川澄)キャンパスにあります。このキャンパスは名古屋駅から地下鉄1本で結ばれている桜山にあり、周辺は住宅地や商店街で勉学するには絶好の環境です。

大学院看護学研究科

本大学院は博士前期課程(2年)と博士後期課程(3年)から成っています。前期課程は修士課程として2003年4月に、後期課程は2005年4月に開設され、今日に至っています。

平成20年度から、博士前期課程に助産学分野を設置しました。