公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

在学生の方へ

留学・海外インターンシップ体験談 派遣留学

バックネル大学 日本語ティーチングアシスタント(TA)奨学生制度 福本 若菜さん

2016年4月 1日

アメリカ合衆国
大学名 バックネル大学
学部 人文社会学部
留学期間 平成27年8月~平成28年5月

バックネル大学は自然に囲まれた静かで小さな町にあり、学生達は校内の寮に住んでいて、みんなとても仲が良くアットホームな大学です。私はその大学で日本語のTA(Teaching Assistant)として、初級と中級のドリルクラスを週8コマ教えています。ここの学生達はみんな勉強熱心で、限られた日本語で一生懸命話してくれます。授業の外でも日本語で日本について話しますが、違った視点で日本について考えることはとてもおもしろいです。

またこの制度では、学生として大学の授業の履修をすることもできます。私は秋学期にJapan Filmという授業をとり、少人数のクラスで日本の映画をみてディスカッションをしました。毎週読み物やレポートが課され、授業中はアメリカ人の話す生の英語についていくのに相当苦労しましたが、自分の成長を感じられる有意義な時を過ごせました。

バックネル大学の学費は信じられないほど高く、自分で留学するには敷居が高いと思いますが、この制度は授業料、寮費、食費、渡航費など基本的に全て無償です。さらに月々の奨学金ももらえるので、長期休みには貯まったお金で旅行をすることもできます。またバックネルに日本人はほとんどいないので、恵まれた英語環境で英語を学べます。寮では様々な国から来た学生や他の言語(中・西・露・伊・独・仏・亜)のTAたちと一緒に住んでいますが、彼らと過ごすことで多くの新しい発見があり、毎日がとても刺激的で視野を広げられる良い機会です。

派遣留学一覧