公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

在学生の方へ

国際学会発表支援事業

名古屋市立大学国際学会発表支援事業

国際学会発表支援事業(大学院生対象)

1. 趣旨・目的
本学大学院に在籍する正規学生が、海外で開催される国際学会に参加し自ら研究発表する場合において必要となる旅費の一部を支援することにより、学生の学術研究活動の国際化の推進を図ることを目的とします。

2. 応募資格
本学大学院研究科に在籍する正規学生で、指導教員の推薦を受け海外の国際学会において自ら研究発表を行う者。

3. 支援の内容

  • (1) 国際学会開催地に到達するための最も合理的かつ経済的な経路及び方法により算出した運賃および国際学会の参加に必要な最短滞在日数にかかる宿泊料の合計額(以下、「支援額」という。)を支給します。
  • (2) 当該国際学会への参加にあたり、他機関より同種の支援を受ける場合または学術奨励寄附金などの外部資金および科学研究費補助金などにより経費を負担する場合にあっては、支援額から当該支援を受ける額及び負担額を減額した額を支給します。
  • (3) 支給額の上限は下記3つの地域に分けて設定する。
    1) ヨーロッパ・アフリカ・中南米地域:20万円
    2) アジア地域(韓国、(香港を含む)中国、台湾、フィリピン、ベトナム、カンボジア、タイ、マレーシア、シンガポール、インドネシア等):10万円
    3) その他地域(アメリカ等):15万円

※但し、「5.申請受付」の区分ごとに配分された助成金額(総額)を上回る申請があった場合には、各申請額(上限額を超える場合は、上限額)から同じ割合で減額した額を支給することとする。なお、「口頭発表」で発表する場合は減額せず、支給額の上限までの範囲で満額を支給する。

デルタ航空を利用される方へ:

デルタ航空との協定により、デルタ航空の航空券を割引価格により購入できるようになりましたので、下記をご確認ください。

対象者:本学の教職員および学生

ご利用を希望される方は、エムオーツーリスト株式会社 名古屋支店にお問合せをお願い致します。

予約窓口

エムオーツーリスト株式会社 名古屋市店

名市大専用デスク

TEL:052-583-0681

Email:ncu[at]mo-tourist.com
(スパム対策のため、@マークが[at]になっていますから、@(半角)に書き換えてください。)

概要:
デルタ航空の航空券の割引率は5%です。

割引対象外になりますが、海外ホテルの予約や海外旅行傷害保険なども取り扱っていますので、詳細は直接お問合せください。

注意点:
この制度を利用して購入された航空券は、譲渡・交換・贈与などにより、いかなる個人または企業・団体などに使用させることはできません。
また、ご利用は個人契約となります。

実績はこちら

実施要項

平成29年度

平成29年度名古屋市立大学国際学会発表支援事業実施要項(PDF 295.8 KB)

平成29年度名古屋市立大学国際学会発表支援申請書 記入例(PDF 244.6 KB)

平成29年度名古屋市立大学国際学会発表支援申請書(様式1)(WORD 72.5 KB)

平成29年度名古屋市立大学国際学会発表支援精算書(様式3)(WORD 69.0 KB)

平成29年度名古屋市立大学国際学会発表成果報告書(様式4)(WORD 39.5 KB)

口座振込依頼書(EXCEL 225.5 KB)

実績

平成28年度
研究科 人数 主な参加学会(国名)
医学研究科 30
  • 2nd International Conference on Human Biomonitoring, Berlin 2016(ドイツ)

  • European Society for Radiotherapy & Oncology 35(イタリア)
  • Society for Investigative Dermatology 75th Annual Meeting(アメリカ)

  • American Thoracic Society(アメリカ)
  • Digestive Disease Week 2016(アメリカ)
  • Annual European Congress of Rheumatology(イギリス)

  • The American Diabetes Association's 76th scientific sessions(アメリカ)

  • Association for Contextual Behavioral Science world conference13(アメリカ)

  • 9th London International Cough Symposium 2016(イギリス)

  • The 11th Meeting of The Asia Pacific Musculoskeletal Tumour Society(シンガポール)

  • 17th The European Society of Sports Traumatology, Knee Surgery and Arthroscopy Congress(スペイン)

  • American Urological Association Annual Meeting 2016(アメリカ)

  • 2016 IALM Intersocietal Symposium(イタリア)

  • The 32th Annual Meeting of ESHRE(フィンランド)

  • International Symposium on Amyloidosis(スウェーデン)

  • The 55th European Society for Paediatric Endocrinology Annual Meeting(フランス)

  • Cardiovascular and Interventional Radiological Society of Europe 2016(スペイン)

  • American Society for Radiation Oncology's 58TH ANNUAL MEETING(アメリカ)

  • The American Society of Human Genetics 2016 Annual Meeting(カナダ)

  • Neuroscience 2016(アメリカ)

  • 58th Annual Meeting of the American Society of Hematology(アメリカ)

  • 17th World Confrence on Lung Cancer(オーストリア)

  • European Congress of Radiology 2017(オーストリア)

  • The 3rd Taiwan Epigenomics Symposium and International Conference on Systems Biology(台湾)

薬学研究科

13

  • 11th International Society for the Study of Xenobiotics Meeting(韓国)
  • SAI Computing Conference 2016(イギリス)
  • Gordon Research Conference, Neurobiology of Brain Disorders(スペイン)
  • 252nd ACS National Meeting(アメリカ)
  • 国際神経精神薬理学会(韓国)
  • Neuroscience 2016(アメリカ)
  • The American Society for Cell Biology Annual Meeting 2016(アメリカ)
  • AMED-Alberta Workshop for Medical Innovation(カナダ)
  • Society of Toxicology 56th Annual Meeting and ToxExpo(アメリカ)
  • Advanced Isotopic Labeling Methods for Integrated Structural Biology 2017(フランス)
人間文化研究科 4
  • PECERA 2016 17th Annual Conference(タイ)
  • 第十二屆「嘉義研究」國際學術研討會(台湾)
看護学研究科 1
  • Asia-Pacific Conference on Public Health (APCPH) and 1st ASEAN Health Promotion Conference(タイ)
芸術工学研究科 1
  • 12TH REHVA WORLD CONGRESS(デンマーク)
システム自然科学研究科 2
  • XXI Conference on Liquid Crystals(ポーランド)
  • The 2016 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems(タイ)
合計 51

平成28年度国際学会発表支援事業 成果報告書(PDF 1.7 MB)

平成27年度国際学会発表支援事業 成果報告書(PDF 765.8 KB)