名古屋市立大学 大学院人間文化研究科・人文社会学部

心理教育学科

心理教育学科

暖かな人間観と科学の眼から、人を理解し、育み、援助する

心理教育学科「人材養成目的」

  • 心理学・教育学を基礎として、人間の多様性を尊重し、生涯発達の支援・次世代育成に取り組むことのできる人材
  • 人間の個性、生涯発達の過程また環境との関係の中で生じる多様性について総合的に理解することで、子どもの発達に関わる現代的諸課題の解決およびその健やかな発達を保障する教育と心理的支援に貢献できる人材

国家資格「公認心理師」への対応

  • 心理の専門家として活躍できる新たな「公認心理師」が誕生します。
  • 本学では平成30年度(2018年度)から,「公認心理師」資格に対応したカリキュラムを始める予定です。

3つの履修モデル

心理教育学科では、心理学と教育学の学習を基本としながら、より関心の深い分野を重点的に学ぶために、3つの履修モデルを用意しています。「課題解決能力の高い保育者を目指す」「次世代育成支援の課題を学ぶ」「人の心理と多様性を学ぶ」の3つの履修モデルです。どの履修モデルを選ぶかによって卒業要件となる履修科目に多少の違いがでてきます。ただ、履修モデルは参考ですので、自分の関心に合わせた履修計画を立てることは可能です。また、履修モデルにかかわらず、(卒業要件となる履修科目単位以外に)心理教育学科や他学科が開講する授業を自由に受講することが可能です。

人の心理と多様性を学ぶ
1年次 前期

基礎心理学1

多文化共生の心理学

後期

基礎心理学2

多様性理解の心理・教育

2年次 前期

発達心理学1
心理教育統計法1
学習心理学

認知社会心理学

後期 発達心理学2
心理教育統計法2,3
心理学実験
(基礎)1
3年次 前期

教育心理学

神経心理学
心理検査法1
心理学実験
(基礎)2

後期 心理検査法2
心理学実験(特殊)
課題解決能力の高い保育者を目指す
1年次 前期

教育学概論1
基礎心理学1

次世代育成の教育論

後期

多様性理解の心理・教育

2年次 前期

保育原理
発達心理学1
児童.家庭福祉論

保育内容演習(人間関係)

後期

多文化保育・教育論

保育相談支援
保育内容演習(健康、音楽的表現)

3年次 前期

保育実習
保育内容演習(環境、言葉、造形的表現)

子どもの保健2

後期

保育内容総論

保育心理学演習
保育相談支援

次世代育成支援の課題を学ぶ
1年次 前期

教育学概論1,2

次世代育成の教育論

後期

現代教育社会学

多様性理解の心理・教育

2年次 前期

教育史

教育社会学
比較教育学

児童・家庭福祉論

後期

教職概論2

多文化保育・教育論

動作学

3年次 前期

教育内容論1
教育方法論1

心理教育研究法

後期

教育内容論2
教育方法論2

教育制度論

家族変動論(家庭支援論)