名古屋市立大学 大学院人間文化研究科・人文社会学部

心理教育学科

カリキュラムの特色

心理教育学科では,科学の眼と暖かな人間観を持った人として成長し,そのうえで,人の多様性を理解し,生涯発達の支援・次世代育成に取り組む人材を養成したいと考えています。そのために,「人の理解」「人を育む」「生涯発達と環境」「心理・教育の技法」という科目のまとまりで、心理学と教育学をベースにしたカリキュラムを展開しています。このようなカリキュラムをとおして,人間のこころや行動の科学,さらに社会的関係の中での育ちやコミュニケーションの問題などを広く学んでいきます。「人の理解」と「人を育む」の科目では心理学と教育学の発展的な基礎を学びます。「心理・教育の技法」の科目(心理学実験や心理教育研究法など)では,人を科学的に理解し支援するにはどのようにすればよいのか,つまり人への科学的なアプローチの仕方を理解でき、さらに,「生涯発達と環境」の科目(多元文化保育・教育論など)では,国際化により多様な文化と出会うことの多くなる社会の中で,どのように人とかかわっていくかを理解していきます。
これらの授業を組み合わせることで,主に心理学を中心に学べば,人の心理と多様性を理解し,心理学を活かした職業(家庭裁判所の調査官など)を目指すことができます。学校や病院などのカウンセラーを目指す人は、公認心理師カリキュラムに準じた科目を履修することで、より専門的な心理的支援を行う基礎を養う事ができます。また,教育学を通して次世代育成支援の現代的な課題を学び,教育産業などで活躍することを目指すこともできます。さらに,保育士資格・幼稚園教諭免許取得に向けた科目を取得することで保育者としての実践力を磨くことができます。何を中心として学ぶかにかかわらず「人間とは何か」「人間の幸福とは何か」という問題を幅広い視野から考察する論理的思考力を養うことができるのが心理教育学科です。

カリキュラム

基幹科目 心理学概論、教育学概論2、保育原理、発達心理学1、現代教育社会学、心理学統計法1、教育史、臨床心理学概論、ESD概論、多文化共生の心理学など
展開科目 人の理解 学習・言語心理学、神経・生理心理学、知覚・認知心理学、動作学、現代日本語論など
人を育む 教育学概論1、教育制度論、教育内容論、教育方法論、教職概論、教育・学校心理学、心理学的支援法など
生涯発達と環境 社会・集団・家族心理学、健康・医療心理学、比較教育学、多文化保育・教育論、児童・家庭福祉論など
心理・教育の技法 心理学研究法、心理学実験、心理的アセスメント、保育内容演習、保育心理学演習、保育・教職実践演習など
関連科目 社会的養護、保育相談支援、音楽表現、身体表現、言語表現、医療と保育、保育実習、幼稚園教育実習、公認心理師の職責、心理演習、心理実習など
演習(ゼミ) 基礎演習、発展演習、専門演習
卒業論文 卒業論文

心理教育学科イメージ