名古屋市立大学 大学院人間文化研究科・人文社会学部

人間文化研究所

イベント

【終了しました】人間文化研究所ESD シンポジウム:「現代の家守」と持続可能な都市と地域社会を考える

[2017年03月01日]
人間文化研究所ESD シンポジウム
「現代の家守」と持続可能な都市と地域社会を考える
名古屋駅西におけるリノベーションまちづくりの可能性
日時:2016年11月12日(土) 13:30~16:30
会場 名古屋市立大学滝子キャンパス 1 号館(人文社会学部棟) 201 教室
主催 名古屋市立大学 人間文化研究所
  • 人口減少による地域の衰退、補助金頼みのまちづくりに対し、民間自立型で全国の遊休不動産を呼び覚ましてきた「リノベーションまちづくり」は持続可能な都市と地域社会にとって重要な視点です。その先駆者である清水義次氏の基調講演をもとに、リニア開通を見据えた名古屋駅西側で、いかなる公民連携まちづくりが求められるか、「現代の家守」の可能性について議論しました。

第1部 基調講演 13:30~14:45
清水 義次 氏(株式会社アフタヌーンソサエティ代表取締役)
「リノベーションまちづくりの展望と課題
~岡崎、豊田他の事例をもとに名古屋を考える」

第2部 パネルディスカッション 15:00~16:30
「名古屋駅西におけるリノベーションまちづくりの可能性と戦略」
清水 義次 氏(株式会社アフタヌーンソサエティ代表取締役)
田中 和生 氏(名古屋駅太閤通口まちづくり協議会)
堀田 勝彦 氏(錦2丁目まちづくり協議会)
別所 良美 氏(名古屋市立大学 人文社会学部 教授)
林 浩一郎 氏(名古屋市立大学 人文社会学部 准教授)

<コーディネーター> 矢部 拓也 氏(徳島大学 総合科学部 准教授/ NPO 法人「まちづくり役場」理事)

問合せ先 : 名古屋市立大学人間文化研究所
〒467-8501 名古屋市瑞穂区瑞穂町山の畑1
TEL : 052-872-3536
E-Mail : institute[アットマーク]hum.nagoya-cu.ac.jp

  • 第1部の様子

    第1部の様子

  • 第2部の様子

    第2部の様子