名古屋市立大学 大学院人間文化研究科・人文社会学部

人間文化研究科

課題研究科目・担当教員

文化と共生

欧米の文化に関する研究 チラシはこちらをご覧ください

近世から現代までの欧米の文化について、その背景となる社会、歴史、思想を考慮し、その特質、可能性及び現代的意義を研究する。特に、従来のように、欧米を近代市民社会の理想とするような欧米中心主義の立場に立つのではなく、外部世界とたえず交流・衝突して自己変革を遂げてきた欧米が、境界を常に変動させている地域であり、内部的にも個人中心の市民社会と一括りにできないような交錯し合う多民族・多文化・多言語を内包する混淆した地域であるといった、新たな見方に立って欧米を考察することを特徴とする。とりわけ、文化的越境、マイノリティの言語や文化、文化とジェンダー、異文化衝突など多文化主義や共生に関わる現代的な諸問題を、国民国家とEUやNATOなどの地域連合・安保体制さらには環境(生活空間、自然との共生)の問題までも視野に入れながら、学際的に考究していく。

おしらせ: 朝日カルチャーセンターにて、欧米の文化と歴史を様々な視点から探る、提携講座を開催していました。終了しましたが参考までに紹介いたします。ここからPDF版をご覧ください。

川本徹 (アメリカ文学・文化)
寺田元一 (フランス思想史) 個人website
日木 満 (英語学)
平田雅己 (現代アメリカの政治)
別所良美 (ドイツ哲学と日本近代思想)
松本佐保 (イギリス・イタリア近現代史)
山本明代 (東欧及びアメリカの社会史・近代史)
日本の文化に関する研究

日本の文化の普遍性と特殊性を考慮に入れながら、現代の日本の文化の由来と問題点を考え、未来を展望する。具体的には、古代中世日本の仏教の受容史、日本の律令の成立と実態の解明、現代日本の言語活動を通して見た日本語の体系と変異の考察、折口学に立脚した沖縄の民俗・祭祀・芸能の分析、近現代の日本文学の講読並びに作家の背景や作品世界の分析、東アジアと近代日本との関係史の追究、などから、日本文化と社会の基層にあるものの考察と近現代日本の多様な文化が共生する社会を多彩な視座からとらえなおしていく。

上記の領域の範囲で、個々の学生の問題意識に沿った課題を、文献資料やフィールドワークから得たデータの読解と、教員と学生との討議を通して検討していく。

阪井芳貴 (日本民俗学)
土屋有里子 (日本文学・比較説話学)
成田徹男 (日本語学)
ジェームズ・バスキンド (日本思想史)
山田 敦 (日本植民地社会経済史)
吉田一彦 (日本宗教史・日本古代史)
地域づくりに関する研究 独自ホームページはこちら。

本ユニットは、NGO/NPOや自治体、企業などで「地域づくり」に携わっている人、または、これから担い手になりたい人々が集う「場」である。対象・フィールドは、国内外、都市、農村いずれも問わない。グローバル化および国内の人口減を念頭に、まちおこし・むらおこし、ツーリズム、地域生活や文化の継承などの観点から、さまざまな調査手法を学びつつ実践的に研究する。

名古屋市立大学桜山キャンパス内 サクラサイドテラスにて、2015年6月14日(日)14:00から開催された
第1回地域づくりセミナーについてはこのPDFを参加記については このPDFをそれぞれご覧ください。

市川哲 (観光学)
榎木美樹 (国際協力・国際支援論)
佐野直子 (地域文化研究/ヨーロッパ社会言語学)
浜本篤史 (開発と環境と地域活性化の社会学/中国社会論)

ページトップへ

社会と協働

地域・労働・メディア社会に関する研究 チラシはこちら

本課題研究科目は、多元的な社会経済システムについて理論的・歴史的・実証的な側面からアプローチする。グローバル化と分権化が交錯する現代社会にあって、「地域」「労働」「メディア社会」、さらには情報をキーワードに、経済・社会の諸領域にまたがる問題を研究対象とする。研究指導は修士論文作成に向けた個別指導を重視し、地方自治論、地域社会学、社会経済史、意思決定論、メディア・政治社会学などの専門分野からの学際的な協働のもとに進めていく。

また、本課題研究科目は「ジェンダー・人権・福祉」の領域と相互に関連した研究指導を志向している。

飯島伸彦 (政治とメディアの社会学)
奥田伸子 (イギリス社会経済史)
林浩一郎 (都市社会学)
三浦哲司 (地方自治論)
宮下さおり (労働社会学)
矢野 均 (意思決定論)
ジェンダー・人権・福祉に関する研究

現代の社会問題を的確にとらえ、それを分析するのに必要な基本的な視点は何かを主題に学習し、これまで軽視されることの少なくなかった「ジェンダー」、「人権」、「福祉」の立場から、社会における諸問題に焦点を当てて研究を進めていく。

こうした観点がなぜ必要なのかを理論的・歴史的・実証的に研究し、福祉社会の様々な問題を具体的にとりあげ、研究していく。

安藤 究 (家族社会学)
伊藤恭彦 (政治学・規範理論研究)
菊地夏野 (ジェンダー/セクシュアリティ研究)
小林直三 (憲法・比較憲法学)
樋澤吉彦 (社会福祉援助技術研究)
吉村公夫 (社会福祉学)

ページトップへ

人間の成長と発達

人間の成長と発達の独自ホームページ
「こころ」の発達に関する研究

乳幼児期から老年期にいたる心身の発達のメカニズムを解明することを目的とする。心身の発達には遺伝的要因と、対人関係をはじめとするさまざまな環境要因が関係しており、それらの要因の相互関係を解明することが求められる。さらに、これらのメカニズムを解明するためには、適切な行動指標を決め、それらを測定する妥当性と信頼性の高い方法を開発することが必要になる。

このような観点から、「こころ」の発達及び変容を多面的に研究していく。

天谷祐子 (発達心理学・教育心理学)
久保田健市 (社会心理学) 個人website
鋤柄増根 (心理測定)
中川敦子 (認知神経心理学) 個人website
社会と教育に関する研究

現代社会における少子高齢化、高度情報化、国際化の進展は、子育て不安、学力低下、いじめや不登校問題、さらには多文化教育問題に至る多様な教育問題を提起するに至っている。そして、今そのような諸課題にどのように対処していくべきかの方法や思想、そして実践のあり方が鋭く問われてきている。そこで、本課題研究科目では、このような教育に関する諸問題をめぐって、幼児教育・保育分野、アジアを中心とする比較教育分野、及び教育内容分野(音楽教育、英語教育、発育発達など)から研究課題を選定し、研究指導を行っていく。

上田敏丈 (幼児教育学) 個人website
古賀弘之 (音楽教育学)
佐々木みゆき (第二言語習得論) 個人website
曽我幸代 (ESD論)
谷口由希子 (児童家庭福祉論)
野中壽子 (発育発達学) 個人website
原田信之 (教育内容研究) 個人website
山田美香 (比較教育学・教育史)

ページトップへ

臨床心理コース

スクールカウンセラーなどの臨床心理士を養成するコースです。このコースは,なごや子ども応援委員会(名古屋市教育委員会)や名古屋市立大学病院などと連携し,臨床現場での実習などを行いながら,心理面接および心理査定だけでなく,予防活動を含めたコミュニティ援助も念頭に置いた包括的な介入ができ,さらに援助チームの一員として他職種と協働して活躍できるようなスクールカウンセラーなどの臨床心理士の養成を目指します。

枝廣和憲 臨床心理学(家族心理学)
坪井裕子 臨床心理学(学齢期の発達支援)
中野有美 臨床心理学(精神医学領域・認知行動療法)
山中 亮 臨床心理学(学校臨床)
公認心理師への対応: 平成30年度カリキュラムから対応する予定です。

ページトップへ