名古屋市立大学 大学院人間文化研究科・人文社会学部

人間文化研究科

2006年01月 Vol.04

ISSN:1348-0308

学術論文

公共哲学としてのヘーゲル共同体論 小川 仁志 1
ヘーゲル国家論の原理とその形成 ――「市民自治」と「市民倫理」―― 久田 健吉 15
性格記述用語の反対語調査による性格次元の双極・単極性の検討 鋤柄 増根 31
民主主義の情報インフラストラクチャー 飯島 伸彦 47
放送・通信融合下での法制度設計の枠組み ――フランス法を素材として―― 井上 禎男 59
中国の犯罪予防教育 山田 美香 79
外国人住民の受け入れと言語保障 ――地域日本語教育の課題―― 米勢 治子 93
国栖の歌笛奏上とこれに関わる官司について 原口耕一郎 150

学術資料

翻刻紹介 茨木市補陀洛山常称寺蔵『総持寺縁起絵巻』 日沖 敦子 170
前衛的言語懐疑的な出発、言語に流入される力または無力、古風なものから通俗性への帰還、「目立ちたがり屋」への反抗としての日本の和歌―作家エルフリーデ・チュルダとの対話 土屋 勝彦 107
Takeyuki Tsuda, Strangers in the Ethnic Homeland: Japanese Brazilian Return Migration in Transnational Perspective, Columbia University Press, 2003. 村井 忠政 117
フェミニズムが正義を取り戻すためには――ナンシー・フレイザー『中断された正義』を読んで―― 気駕 まり 125

記録

名古屋市立大学大学院人間文化研究科 人間文化専攻
博士学位論文 内容の要旨および審査の結果の要旨
171
2004(平成16)年度(久田健吉) 173
2004(平成16)年度(冨田和子) 182
2005(平成17)年度(平川毅彦) 193
修士学位論文一覧 2004(平成16)年度 205
2010(平成22)年度 教員業績一覧 248

その他

編集発行規程・投稿規定 206
執筆者紹介 207