名古屋市立大学 大学院人間文化研究科・人文社会学部

人間文化研究科

2009年12月 Vol.12

教員年譜・略歴・業績目録

後藤 宗理教授 i

学術論文

CMC における参加平等化効果と「隠れたプロフィール」問題 森 哲彦 1
乳児の行動のチェックリスト(IBQ-R)短縮版の作成 中川 敦子・木村 由佳・鋤柄 増根 15
青年期の延長にみる親子関係の変化 大久保摩里子 27
フランス憲法院と外国人の権利 菅原 真 37
東海都市圏研究(3) 山田 明 53
ダム補償および地域活性化の時代的変遷 ―神奈川県内4ダムの事例研究 浜本 篤史・相原 佳之 63
「福祉」という言葉が意味する内容について考える 吉村 公夫 79
里親に関する研究の展望と課題 ―1998 年~ 2008 年までの国内文献から― 貴田 美鈴 85
韓国幼児教育における第三者評価に関する研究 ―その1:第三者評価制度概要とその特徴 丹羽 孝 101
日本占領時期香港の教育 山田 美香 113
英語PLTの比較研究 宮田 学 127
What is the Essence of a Good Learner ? Ben Backwell 143
音楽教育哲学から鑑賞教育への示唆(3) 梶田 美香 151
国際観光地Nagoya のイメージに関する基礎的考察・その2 ―ミシュランガイドの中の名古屋― 谷口 幸代 165
学生における主観的疲労感に影響を及ぼす生活習慣要因 戸田 百合子・阪野 朋子・林 久子 173
同訳表現と名詞形:「~の理由で」とby reason of X /for reasons of Y の場合 日木 満 189
日本語教育での接頭辞「お」の付く語 三種の分類提唱について― 「おかばん」類、[ お菓子] 類、「おやつ」類 村田 志保 205
「日系カナダ人のディアスポラ ― Joy Kogawa's Obasan」 新井 透 221
『ボヴァリー夫人』におけるシャルルの役割についての一考察 ―視点・視線から見出されるシャルルの役割― 野田(水町)いおり 239

学術資料

言葉への偏見を持たず、言語への距離感を有し、魔術的文化に魅せられ、国民言語を揺さぶり、モノクロームの歴史に抗っていく ―越境作家ディミトリ・ディネフとの対話 土屋 勝彦 255

その他

編集発行規程・投稿規定 267
執筆者紹介 268