公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

教務案内・教養教育・専門教育

よくある質問と回答

TOEIC-IPのスコアレポートを履歴書に書くことはできますか?

TOEIC-IPテストのスコアレポートは、基本的にはTOEICの公式認定証(Official Score Certificate)と同様に、履歴書に書くことは可能です。しかし、書く場合には、TOEIC-IPのスコアであることが分かるように「TOEIC-IP ○○○点」や「○○○点(TOEIC-IP)」と記載した方が良いでしょう。
スコアレポートに有効期限はありませんが、再発行は採点した年度の翌年度4月1日から2年間に限られています。このことから、一般に、スコアレポートの有効期限は2年間とされています。

公務員試験や大学院入試、一部の企業では公式認定証(Official Score Certificate)の提出を求められることがありますので、TOEIC-IPテストとは別にTOEIC公開テストの受験をお勧めします。就職や進学の際には、相手が何を求めているかを確認してください。

TOEIC-IPテストの受験には顔写真が必要ないことから、本人確認が万全ではないこと、また試験実施が大学等に委ねられていることから、試験時間が守られていない等の可能性があること、問題が過去問であること等から、公正さが求められるときにはTOEIC-IPテストのスコアが認められない場合があります。本学のTOEIC-IPテストでは、試験監督をTOEICテストの実施主体である「一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会」に委託しています。

TOEIC-IPテストは、自分の実力を知るための模擬試験であると考えてください。

一覧へ