公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

学費・奨学金等

授業料減免様式

平成29年度 後期授業料減免の申請書類について

後期の申請受付は終了しました。次回申請予定の方は、Q&Aを参考にして下さい。
申請に必要な様式は、平成30年3月中旬以降に掲載を予定しています。

様式の名称 注意事項

授業料減免Q&A(平成29年12月改定)

授業料減免Q&A(PDF 482.2 KB)

事例別に、提出する書類について説明していますので、初めて申請する者や、前回と状況に変化のあった者は必ずこちらで確認してください

第三者の申立書 (2枚、記入例を含む)

第三者の申立書(WORD 26.8 KB)

第三者の申立書(PDF 180.5 KB)

父子母子世帯(両親が生別・死別している)者が提出

※戸籍謄本提出済の者は省略可能

※公的証明書の発行がされない別居等は父子母子認定不可(要相談)

事情申立書(1枚)

事情申立書(WORD 17.7 KB)

事情申立書(PDF 89.7 KB)

公的証明書が提出期限に間に合わない場合や、特別な事情により公的書類が提出できない場合等に提出

※その他、特別な事情がある者は、家庭事情説明のため提出が必要(口頭での申し出のみは不可)

・様式は、Microsoft Word、Excel及びPDFファイルで作成しています。

注意事項
  • 学業不振による留年中の者(休学期間が1年未満もしくは年度をまたいで休学したことにより単位不足となって留年した者を含む)は、特別な場合を除き申請できません。
  • 申請誤り、偽り、その他不正な手段により申請した場合は、決定後でも取り消します。
  • 郵送での提出及び申請期限を過ぎた申請は受理しません。
  • 学外実習等、期間中に本人が書類を持参できない特別な事情がある場合は、必ず申請期間前に学生課学生支援係まで申請者本人が相談してください。
  • 書類の未着を理由とした受付期間の延長は認められません。自宅外通学者(下宿生)及び独立世帯で申請する者は、必要書類が親元から早く届くよう心がけて、早めに準備をしてください。
  • 若干の書類不備の場合は書類を仮受付をしますが、受付最終日までに不足書類の提出がなかった場合や最終日の申請で書類に不備・不足があった場合には「不受理」となりますので、特に注意してください。
  • 受付最終日は窓口が非常に混みあい、待ち時間が長くなります。日時に余裕を持って、書類を全て揃えたうえで提出してください。
  • 家庭状況により、後日新たに至急で書類の提出をお願いすることがありますので、ご承知おきください。
  • その他授業料減免について不明な点がある場合は独自に判断をせず、必ず学生課に問い合わせをしてください。その際、必ず問い合わせ日時と受付(回答)者名を確認しておいてください。
【連絡先】
〒467-8501 名古屋市瑞穂区瑞穂町字山の畑1<滝子(山の畑)キャンパス3号館(経済棟)1階>
名古屋市立大学学生課 学生支援係
E-mail:studentservice[at]sec.nagoya-cu.ac.jp
※スパムメール防止のため、@を[at]に置換しています。[at]を@に置き換えてメール送信してください。
※授業料減免申請は、あくまでも学生自身が行うものですので、学生本人から相談・問い合わせをするようお願いします。保護者からご相談を受けた場合、原則学生から相談し直すようお伝えしていますので、その旨ご承知おきください。

【参考】通年申請について

平成28年度から、通年申請(前期申請時に、後期分も含めた1年度分の申請)が可能になりました。ただし、審査・決定は前期・後期別(各期ごと)に行います。

なお、以下の1~4のいずれかに該当する者及び留学生は通年申請できないため、前期・後期別(各期ごと)の申請が必要です。(平成29年度の条件のため、次年度以降は、1.の条件が変わります。)

  1. 申請年度の前年(平成29年度の場合は平成28年)1月以降に、雇用形態(身分)変更・退職・就職・転職(転籍含む)・復職した・休業(休職)している 家族がいる者
  2. 申請年度の前年(平成29年度の場合は平成28年)1月以降、高校・大学・専門学校等を卒業後、進学も就職もしていない家族がいる者
  3. 生活保護法による被保護世帯の者、授業料の納期限6ヵ月以内(新入生は入学前1年以内)に主たる家計 支持者が死亡、長期療養、失業等により家計維持が 困難になった場合、納期限6カ月以内(ただし新入 生にあっては入学前1年以内)の風水害等により本人または学資負担者の家屋が損壊、流失、床上浸水等 の被害に遭った場合
  4. 後期申請時までに家族状況・経済状況が変わる予定のある者(後期に休学を予定している者、自宅から自宅外になる又はその逆の予定のある者、後期に家族が進学(秋入学等)・秋卒業・秋就職・結婚(世帯分け)等の予定のある者など)