公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

図書館の利用

本学教職員著作物

看護心理学 : 看護に大切な心理学 = Nursing psychology : applying psychological concepts to nursing

2014.07.30 更新

看護心理学 : 看護に大切な心理学 = Nursing psychology : applying psychological concepts to nursing

学生のみなさんへ

この本は、看護に焦点を当てているが、現実場面と心理学がどのように結びついているかを考える糸口になる本でもある。
心理学は「こころ」の学問と言われているが、「こころ」を直接研究する手段はないことから、行動を介して「こころ」を研究しようとしている。看護の場面は言うに及ばず、人にかかわるどんな場面でも、私たちは行動の変化を通してしか相手の「こころ」を推し測ることはできない。さらに言えば、行動が変化したことで「こころ」も変化したと考えるしかないことになる。
この考えを縦糸にし、この本では「行動の制御と変化」の中心となる学習心理学と発達心理学、そして、チーム医療やストレス対処に関連する心理学の諸分野を解説し、現実の場面や実践と心理学がどのように結びついてるかを理解することができるようになっている。

鋤柄増根(人間文化研究科)

看護心理学 : 看護に大切な心理学 = Nursing psychology : applying psychological concepts to nursing / 鋤柄増根編
ナカニシヤ出版 2013.3 ISBN:9784779506963

一覧へ

本学教職員著作物リスト