公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

情報システム部門

セキュリティー情報

Adobe Flash Player の脆弱性 (APSB18-42)について(12月6日)

2018年12月 6日

Adobe社より、脆弱性 (APSB18-42)に関する注意喚起の通知がありました。
適宜、最新のバージョンへアップデートをお願い致します。

対象
- Adobe Flash Player Desktop Runtime (31.0.0.153) およびそれ以前
(Windows, macOS および Linux)
- Adobe Flash Player for Google Chrome (31.0.0.153) およびそれ以前
(Windows, macOS, Linux および Chrome OS)
- Adobe Flash Player for Microsoft Edge and Internet Explorer 11 (31.0.0.153) およびそれ以前
(Windows 10 および Windows 8.1)
- Adobe Flash Player Installer (31.0.0.108) およびそれ以前
(Windows)

最新のバージョン
- Adobe Flash Player Desktop Runtime (32.0.0.101)
(Windows, macOS および Linux)
- Adobe Flash Player for Google Chrome (32.0.0.101)
(Windows, macOS, Linux および Chrome OS)
- Adobe Flash Player for Microsoft Edge and Internet Explorer 11 (32.0.0.101)
(Windows 10 および Windows 8.1)

ダウンロードサイト
Adobe Flash Player ダウンロードセンター
※インストールの際、画面中央の「オプションのプログラム」や「提供オプション」のチェックを外してからインストールを行なってください。

上記サイトでアップデートに失敗する場合は下記のサイトをご利用下さい。

Adobe Flash Player スタンドアロンインストーラー

Flash Playerのバージョン確認ページ

<参考>
JPCERT(Adobe Flash Player の脆弱性(APSB18-42)に関する注意喚起)

一覧へ