公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

附属研究所等

お知らせ

【22世紀研究所】パレスチナ人医師、アブエライシュ博士の歓迎実行委員会の代表を中川十郎特任教授が務めました。

2017年11月16日

本学22世紀研究所の中川十郎特任教授が、イスラエル軍の攻撃で娘3人とめいを失いながらも中東地域で女性教育の振興に努めるパレスチナ人医師イゼルディン・アブエライシュ博士の来日にあたり、歓迎実行委員会の代表に選任され、博士の記者会見や講演会の開催等に協力しました。

博士は、平成29年10月27日に東京で記者会見した後、大阪(28日)、広島(29日)、東京(31日)で講演を行い、また30日には長崎も訪問し、長崎大学の学生との面談・対話等を行いました。

東京での記者会見・講演では、歓迎実行委員会代表として中川特任教授も挨拶を行いました。また東京講演に先立ち、博士から中川特任教授に感謝状が贈呈されました。さらに駐日パレスチナ常駐総代表部大使からも中川特任教授に感謝状が贈られました。

※アブエライシュ博士の略歴:1955年ガザ地区の難民キャンプで生まれる。奨学金を得て、エジプトのカイロ大学医学部卒。ロンドン大学産婦人科学研究所で学位取得。ハーバード大学で修士号取得。イスラエルの病院で不妊治療専門医としてパレスチナ人、イスラエル人の双方を治療。現在はトロント大学の准教授。

  •  アブエライシュ博士(前列右から4人目)と中川特任教授(前列右から7人目)

    アブエライシュ博士(前列右から4人目)と中川特任教授(前列右から7人目)

  • アブエライシュ博士から中川特任教授へ贈られた感謝状

    アブエライシュ博士から中川特任教授へ贈られた感謝状

  • 駐日パレスチナ常駐総代表部大使から中川特任教授へ贈られた感謝状

    駐日パレスチナ常駐総代表部大使から中川特任教授へ贈られた感謝状

一覧へ