公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

附属研究所等

医学研究科実験動物研究教育センター

実験動物研究教育センター実験動物研究教育センター

医学研究科実験動物研究教育センターは,従来の医学部動物実験施設を受け,平成4年川澄地区に建設されました(地上5階地下1階,延床面積3084.49平方メートル)。

本センターでは、環境因子の影響を排除することにより、微生物学的に統御されたSPF動物及び、近交系やミュータントなどの遺伝学的に統御された実験動物を厳密な条件下で飼育管理し、再現性の高い動物実験を行う研究環境を提供しています。そのため、温湿度や照明時間、空調設備を厳格に管理するだけでなく、飼育動物は定期的に微生物検査を実施されており、感染事故に際しては、病原体に応じて速やかに対処されています。医学研究科等に属する300余名により約250件の動物実験計画が遂行されています。
平成21年度、大型オートクレイブ3台が更新されました。
将来予想される多様な目的に応じた高品質の実験動物、あるいは疾患モデルのように特性を持った実験動物の開発や新たな研究に適時対応できる施設を目指しています。

平成20年度には、発生工学的手法を用いた疾患モデル動物の開発及び疾患原因遺伝子の解析を研究基盤とする病態モデル医学分野を新設し、研究室をセンター内に設置しました。同分野と両輪を成し、研究教育の推進及び実績の向上や動物実験倫理教育のために、特にセンターは動物実験に関する指導・助言、胚操作技術による胚凍結保存・微生物清浄化・遺伝子組換えマウスの作製などの研究支援を行うことによって、動物実験規程や関連法規を遵守し、適正な動物実験を推進する中心的組織・施設として機能しています。

医学研究科実験動物研究教育センターのページへ