公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

芸術工学部

カリキュラム・ポリシー

課程編成

芸術工学部では、デザインの力で社会に貢献する人材を育成するため、「技術」「感性」「人間理解」を軸とした科目設定を行い、数理学の基礎学力と、発想力、造形力を身につけ、理論と制作実践を体系的に学ぶ専門課程を編成します。

1年次では、芸術工学の理念である人間中心の考え方を理解し、芸術工学の目的とする持続可能な社会の構築に資する基礎的な問題解決能力を育みます。学部共通の科目を提供し、芸術工学の学際性とデザインリテラシーを身につけます。

2~3年次では、「技術」「感性」「人間理解」を軸としたデザインと工学分野の幅広い知識と理論を学びます。芸術工学の専門性を特色とする科目を提供し、デザインと工学分野の専門的知識、理論、技法を学ぶことにより、形態と機能のバランスを保ったデザイン力を向上させます。またワークショップ、インターンシップ科目の開講により、自主的な活動を育みます。

3~4年次では、学部理念に定める総合デザイナーとしての専門性を身につけるため、先端的な専門科目、少人数による専門性を高めたゼミナール、外国人教師による講義を提供し、知識・感性・技能を総合的に活用する能力を向上させます。

実践

その実践においては、デザインの実践教育の場として、課題解決型の少人数学修によるデザイン実習を重視し、講義科目で修得した知識・技術と関連づけながら、提示された課題にそれらを総合的に活用することで、課題解決力と提案力を育みます。

成績評価

これらの教育を通じて修得した成果に対しては、(GPA等の客観的基準の適用等により、)厳格な学修評価を行います。また卒業研究・卒業制作のいずれかを履修し、審査会での審査において、芸術工学部の教育理念に沿った、芸術・工学・デザインの理論と手法の修得を評価します。