公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

薬学部

理念と目的・中期計画

理念と目的

薬学は、様々な基礎科学を薬に関して総合し、医療への応用を目指す学問です。
医療に不可欠な学問である薬学を志す人は、薬を通じて人類の健康と福祉の発展に貢献することが求められています。
これを踏まえ、薬学部では生命薬科学科と薬学科を設置し、薬の創製・生産・臨床応用・適正管理・適正使用のための基礎知識と創造力・研究能力を有し、世界に羽ばたける多彩な薬のスペシャリストを社会に送り出すことを目指しています。

中期計画における重点的取り組み

  • 臨床薬学研究センターの整備をはじめとする臨床薬学教育体制の充実
  • 医学部・看護学部と連携した臨床薬学教育プログラムの開発と展開
  • 創薬・生命科学分野での教育研究体制の充実にむけた薬学研究科の組織改正と重点研究拠点の整備・構築
  • 新しい薬学部・薬学研究科にふさわしい研究棟、教育棟の建築