公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

薬学部

ディプロマ・ポリシー

学士課程共通

名古屋市立大学では、市民によって支えられる市民のための大学として、地域社会や国際社会の発展に貢献し、社会全体の幸福の実現や持続可能な社会の構築に資する優れた人材を育成するという教育上の目的に鑑み、個性を認識し自らの立場を自覚したうえで人生の様々な局面において自ら活路を見出すための思考基盤となる教養を修得し、次世代をリードできる優れたバランス感覚と上質かつ豊かな感性で社会と向き合う力を身につけ、所定の単位を修得し、所定の要件を満たした学生に対し、卒業を認定し、学位を授与します。

薬学部

薬学科

薬学科では、医療や科学の高度化に対応できる基礎学力と問題解決能力、国際化する社会で活躍できる能力を有し、薬剤師として必要な知識・技能と医療人としてふさわしい自覚・態度・倫理観を身につけ、人類の健康と福祉の発展に貢献できる人材を育成するという教育上の目的に鑑み、以下の能力を有すると認められた者に対し、卒業を認定し、学士(薬学)の学位を授与します。

1 薬学についての基礎能力
  • 生体及び環境等に対する医薬品や化学物質の影響を理解するために必要な代表的な構造、反応、分離法等の科学的知識を有し、それらを臨床現場で活用できる基礎能力を有する。
  • 薬物療法を主体的に計画・実施・評価して個々の患者に適したより効果的で安全な医薬品の使用を推進・指導できる基本的な知識・技能を有し、それを実践できる基礎能力を有する。
  • 社会において薬剤師が果たすべき責任、義務などを正しく理解し、薬学ならびに医療に必要な法律、制度、経済等に関する基本的な知識を身につけている。
  • 薬学・医療の進歩と改善に貢献する研究マインドを持ち、研究を遂行する基礎能力を有する。
2 社会人・国際人としての基礎能力
  • 適切に情報を収集し円滑な意志疎通を行うことができるコミュニケーション能力とともに、有益な情報を人々に提供できるプレゼンテーションの基礎能力を有する。
  • グローバルな視野、視点を有し、国際化する社会で活躍できる基礎的な言語力、表現力を有する。
3 医療人としての基礎能力と態度
  • 薬学の専門分野に限らず、人文科学、社会科学、自然科学等、広く各分野について総合的・積極的に学修し、自ら新たな課題に取り組む態度を身につけている。
  • 医療の担い手として必要な義務および法令を遵守するとともに、医療に貢献する高い使命感、責任感および倫理観を身につけている。
  • チーム医療に貢献するための臨床における実践的能力と強い意志を身につけている。
  • 卒業後も生涯に渡って自らの知識・技能について研鑽し続ける態度を身につけている。
  • 自らが修得した専門的な知識を広く伝え教育することで、次世代を担う人材を育成する意欲を持つ。
生命薬科学科

生命薬科学科では、医療や科学の高度化に対応できる基礎学力と問題解決能力、国際化する社会で活躍できる能力を有し、創薬科学および生命科学に関する総合的な知識と技術、生命や健康を扱う社会人としての自覚・態度・倫理観を身につけ、人類の健康と福祉の発展に貢献できる人材を育成するという教育上の目的に鑑み、以下の能力を有すると認められた者に対し、卒業を認定し、学士(薬科学)の学位を授与します。

1 薬学についての基礎能力

・医薬品および化学物質の基本的な反応性を理解するため、代表的な構造、反応、分離法等の基本的な知識、技術を身につけ、それらを説明、実施できる基礎能力を有する。
・創薬科学、生命科学の基礎から先端技術まで幅広く理解し、基礎薬学研究や医薬品創出を目指した研究・開発に取り組むために必要な創造的思考力と実験技術の基礎能力を有する。
・生命現象を科学の目で捉え、理解し、分析する基礎能力を有する。

2 社会人・国際人としての基礎能力
  • 適切に情報を収集し円滑な意志疎通を行うことができるコミュニケーション能力とともに、研究遂行に必要な討論とプレゼンテーションの基礎能力を有する。
  • グローバルな視野、視点を有し、国際化する社会で活躍できる基礎的な言語力、表現力を有する。
3 薬学研究者としての基礎能力と態度
  • 創薬科学、生命科学の専門分野に限らず、人文科学、社会科学、自然科学等、広く各分野について総合的・積極的に学修し、自ら新たな課題に取り組む態度を身につけている。
  • 生命や健康を扱う研究者、社会人としての自覚・態度・高い倫理観を身につけている。
  • 主体的に研究を遂行し、自ら設定した目標に対し、常に客観的に評価、検証する態度を身につけている。
  • 卒業後も自らの知識・技能について研鑽し続ける態度を身につけている。
  • 自らの修得した科学的な知識を広く伝え教育することで、次世代を担う人材を育成する意欲を持つ。