公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

看護学部

ディプロマ・ポリシー

看護学部では、「人間の尊厳を理解し、看護を通じて保健・医療・福祉に貢献する人材を育成する」という教育上の目的に鑑み、以下の能力を有すると認められた者に対し、卒業を認定し、学士(看護学)の学位を授与します。

1. 知識・理解

(1)外国語を含め、幅広い教養と専門分野に関する知識を修得している。

(2)科学的・論理的思考と、安全で質の高い看護を提供するための基礎的能力を身につけている。

2. 汎用的技能

(1)チーム医療を担う一員として他職種の役割を理解し、協働的関係を築き調整する能力を身につけている。

(2)様々な情報から健康の社会的側面を多角的に分析し、保健・医療・福祉に対するニーズを個人・地域・地球規模で捉えることができる。

3. 態度・志向性

倫理観に基づいて個人の尊厳や意思を尊重し、看護の探究と看護学の発展につながる学修を継続して行うことができる。

4. 統合的な学修経験と創造的思考力

基礎的な理論や系統的な知識、豊富な実践的学修経験を基盤として、保健・医療・福祉分野における看護の対象である生活者のQOLの向上にむけた対応を探求するとともに、自らの能力の向上に向けた努力を継続することができる。