公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

看護学部

アドミッション・ポリシー

推薦入試B、陸前高田市枠推薦入試、一般入試(前期、後期)

看護学は、人々の健康を生活の側面より支える学問です。看護学を志す人には、人に対する温かいまなざしと物事を客観的に捉え判断することのできる冷静さを併せ持っていることが求められます。看護学部では、次のような人を求め、入学を歓迎します。

求める学生像
  • 看護学に興味があり、将来、看護に関する仕事を通して地域社会に貢献したいと考え、その目標に向かって新しいことを意欲的に学ぶ姿勢をもっている人
  • 人とのかかわりをいとわず、様々な背景をもつ多様な文化を尊重し、他者を思いやる気持ちをもっている人
  • 理系および文系科目を幅広く履修し、多様な側面をもつ看護学を修得するための十分な基礎学力を身につけている人
修得しておくべき知識等の内容・水準
  • 理系および文系科目の幅広い知識と、看護学を修得するための十分な基礎学力
    看護学は、医学や薬学をはじめとする自然科学系の学問や、人との関係や家族や社会との関わり、様々な制度など、人文科学や社会科学に関する内容を専門基礎としての位置づけで学習します。そのため、入学には、高等学校卒業までに修得すべき基礎学力を偏りなく、幅広く身につけておくことが必要です。
  • 他者と良好な関係を築くための言語的・非言語的なコミュニケーション能力
    看護学の対象は様々な発達段階・健康状態にあり、多彩な背景を持つ人であることから、その人に適した柔軟なコミュニケーションをとる必要があります。そのため、相手の考えや気持ちを理解することに加え、自分の考えを言語化しそれを適切に伝えられるように、国語力及び英語力を身につけておくことが求められます。さらに、他者と良好な関係を築くためには、クラブ活動やボランティア活動などの様々な経験を通して非言語的なコミュニケーション能力を身につけておくことも必要です。