公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

医学部

ディプロマポリシー

学士課程共通

各学部に所定の期間在学し、各学部の教育理念と教育目的に沿って設定された授業科目を履修して、各学部の履修規程により定められた科目及び単位数を修得することが学位授与の要件である。
修得すべき科目には、一般教養科目、外国語科目、情報科目、健康・スポーツ科目、ボランティア科目、基礎科目(人文社会学部以外)からなる教養教育科目と、各学部の方針に応じて編成された専門教育科目が含まれ、これらの科目を修得しているかどうかが学位授与の基準となる。さらに、一部学部においては、卒業論文又は卒業研究を必須とし、論文審査や口頭試問などにより厳格に審査を行うことで身に付けた学士力を確認している。

医学部

以下の全ての項目を達成したものに医学士の学位を与える

  1. 教養課程および専門課程において所定の単位を取得し、臨床実習に出席して科目の認定を受けたもの。
  2. 人体、各器官、組織、細胞の構造と機能、病態を理解していること。各種疾患の診断を行うことができ、その治療に関する知識を有すること。
  3. 患者さんの問診、診察ができ、基本的な診療の技術を習得していること。
  4. 患者さんとのコミュニケーションをとることができ、患者さんの立場に立った説明を行うことができること。
  5. 社会、環境と医療・健康の関係を理解していること。地域医療の重要性について理解していること。
  6. 医師、コメディカルスタッフとの良好な協力のもとに医療を行う準備ができていること。
  7. 医療安全について知識をもち、医療におけるさまざまな倫理的問題を理解できること。