公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

医学部

カリキュラム・ポリシー

課程編成

ディプロマポリシーで示した医師としての能力の以下の4領域

  • I 科学者としての医師
  • II 臨床家としての医師
  • III 社会における医師
  • IV プロフェッショナルとしての医師

を各学年で巡回しつつ学修します。これにより、各領域の能力をバランス良く徐々に高め、学修目標を達成します。

1年次では、領域Iとして豊かな人間性の陶冶と幅広い教養を身につけるため、教養教育科目および専門科目としての医学入門を通じて科学としての医学を学ぶための基礎を形成します。領域IIとして早期体験学修を通じ医療者としての基本技能を修得します。領域IIIとして医療系学部連携地域参加型学修を通じ地域医療での課題解決をテーマとする学修を行います。領域IVとして一般教養科目を通じて医師に相応しい素養を養います。

2~3年次では、領域Iとして基礎医学、臨床基礎医学を学びます。さらに3年次の基礎自主研修を通じて、医師に求められる科学者としての堅実な基盤と広い視野を形成します。領域IIとしてコミュニケーション能力、救急救命処置、医療倫理を学修します。領域IIIとして法医学を学ぶと共に、社会医学領域の実践的な活動を経験します。領域IVとして医学情報、医学英語を学び、医師として必要な情報処理能力、英語力を修得します。

3年次後半から4年次では、領域Iとして臨床医学を学び、基本的な医学知識を診療活動に参加できるレベルまで高めます。領域IIとして基本医療技能をさらに高め、医療系大学間共用試験(CBT、OSCE)により診療実習に参加できるレベルを担保します。領域IIIとして社会医学を学び、社会と医学との関わりを理解します。領域IVとして医学・医療の様々な側面の学修を通じ、医師に求められる姿勢や態度を学びます。

5~6年次では、すべての診療科における診療参加型臨床実習および社会医学実習、選択制の診療参加型臨床実習を行います。

実践

PBL・TBLなどのアクティブ・ラーニング方式を導入し、学生の主体的な学修を促します。
4年次後半から6年次では、学生が診療チームに参加し、その一員として診療業務を分担しながら、医師としての職業的な知識・思考法・技能・態度の基本的な内容を学修する診療参加型臨床実習を行います。

成績評価

学修成果の評価について、各科目の到達目標、成績評価の方法はシラバスにおいて明示します。