公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

人文社会学部

ディプロマ・ポリシー

学部共通

人材養成目的
  1. 人類の豊かな未来を求めて人文科学・社会科学の諸分野について学び、今日の人間、社会、文化に関わる課題について研究して、それを社会に役立てる人材
  2. 現代の地域社会や国際社会が直面する複雑な諸問題を多面的に考察し、実践的に解決していく知を身につけた人材
  3. 少人数教育の演習・実習・論文指導によって、発表・討論能力や構想力・文章表現力を身に着けた人材

以上の人材養成目的を達成するために、「豊かで人間らしい生き方のための持続可能な地域社会と地球社会をつくる教育」(ESD)を統一的教育理念として、さらに各学科の専門性において具体化された教育課程を編成・実施する。
上記の教育課程において設定された授業科目を履修し、定められた期間在学し、卒業論文試験に合格し、基準となる単位数(96単位)を修得することが、学位授与の要件である。

心理教育学科

卒業論文試験に関して次の能力の獲得を確認する

  1. 心理学・教育学を基礎として、人間の多様性を尊重し、生涯発達の支援・次世代育成に取り組めること
  2. 人間の個性、生涯発達の過程また環境との関係の中で生じる多様性について総合的に理解することで、子供の発達に関わる現代的諸課題の解決およびその健やかな発達を保障する教育と心理的支援に貢献できること

現代社会学科

卒業論文試験に関して次の能力の獲得を確認する

  1. 地域社会で現に生起している社会問題群を的確に認識する社会調査・分析能力を備えること
  2. 多様性・多元性が高まる社会の中で、差異を認め、格差を乗り越える社会インフラのあり方を学び、地域社会の発展や協働・福祉に貢献できること

国際文化学科

卒業論文試験に関して次の能力の獲得を確認する

  1. 人文科学・社会科学諸分野の幅広い教養を身につけ、グローバルかつローカルな視点から自文化と異文化の相互関係を理解して、文化と社会の特質を批判的かつ柔軟に把握できること
  2. 英語その他の外国語の実践的な言語コミュニケーション能力を発揮して、地域社会と国際社会に貢献できること