公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

人文社会学部

カリキュラム・ポリシー

学部共通

人文社会学の人材養成目的を達成するために、「豊かで人間らしい生き方のための持続可能な地域社会と地球社会をつくる教育」(ESD)を教育理念として、幅広く深い教養と総合的な判断力を培い、豊かな人間性を涵養するカリキュラムを編成する。持続可能な社会の実現という課題をめぐって、人間の心理と教育の視点から、地域社会の視点から、そしてグローバルな視点から学際的に研究・教育することが本学部のカリキュラムの特徴である。そのために学部共通の基礎科目として、ESDに関する科目を9科目開講し、学生がESDに関する広い問題意識を獲得し、各学科別の専門科目の意義が理解しやすいように構成する。
専門科目の構成と年次配当は、基礎科目(1年次)、基幹科目(1・2年次)、展開科目(2・3・4年次)であり、演習科目は基礎演習(1年前期)、発展演習(2年後期)、専門演習1・2・3・4(3・4年次)と全学年に設ける。

心理教育学科

心理教育学科では、科学の眼と暖かな人間観を持った人として成長し、そのうえで、人の多様性を理解し、生涯発達の支援・次世代育成に取り組む人材を養成する。そのためにESDに関する基礎科目(1年次)、心理学・教育学の基幹科目(1・2年次)をベースとして、展開科目(2・3・4年次)は「人の理解」「人を育む」「生涯発達と環境」「心理・教育の技法」という科目群から構成され、心理学と教育学を統合するカリキュラムを展開している。
「人の理解」と「人を育む」の科目では心理学・教育学の発展的な基礎を学ぶ。「心理・教育の技法」の科目では、人を科学的に理解していくアプローチ方法や人を支援していく具体的な方法を学び、「生涯発達と環境」の科目では人の発達と発達に影響を及ぼす様々な環境要因について理解を深める。

現代社会学科

現代社会学科は、複雑な現代社会の姿を深く認識し、どうすれば社会の抱える諸課題を解決できるかを考える人材を養成する。そのためにESDに関する基礎科目(1年次)、社会学を中心に政治学、法学、社会福祉学、歴史学など基幹的内容を教える基幹科目(1・2年次)をベースとして、展開科目(2・3・4年次)は「理論と技法」「社会構想と行政」「都市と地域社会」「福祉と人権」という科目群から構成されている。
「理論と技法」では現代社会を多角的に認識する能力と現実の社会を調査し分析するスキルを身につける。「社会構想と行政」では社会や自治体行政のありかたを構想する視点を学ぶ。「都市と地域社会」では都市や地域社会で起きている諸問題を認識し、住みよく魅力的な都市・地域社会をつくる方法を学ぶ。「福祉と人権」では持続可能な福祉社会を形成していくにはどのような政策や行動が必要なのかを学ぶ。

国際文化学科

国際文化学科では、語学のみに留まらず、異文化の理解と自文化の理解、そしてそれらを比較する視点から異文化間の交流と共生について考え行動する人材を養成する。そのためにESDに関する基礎科目(1年次)、国際文化学の基幹を教える基幹科目(1・2年次)をベースとして、展開科目(2・3・4年次)は「グローバルな共生」「異文化・自文化理解」「言語コミュニケーション」「フィールドワーク」という科目群から構成されている。
「グローバルな共生」では、グローバル化し多文化社会化する国際社会と国民国家における共生という問題を掘り下げる。「異文化・自文化理解」では、欧米の文化を異文化として知るだけではなく、その異文化性を認識するためにも、日本やアジアの文化について学ぶ。「言語コミュニケーション」では、グローバルな交流に不可欠な総合的・実践的な英語力を養成し、また他の言語(ドイツ語・フランス語・中国語)も学ぶ。「フィールドワーク」では、国内および国外において地域の人々との具体的なコミュニケーションを通して問題を認識し、その解決を探る能力を養う。