公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

経済学部

ディプロマ・ポリシー

経済学部は、幅広く深い教養と豊かな人間性を身に付け、経済学と経営学の諸理論に精通し、経済・経営上の諸問題に柔軟かつ的確に対応できるような人材を社会に送り出すことを理念と目標に掲げている。幅広い視野を養い人間形成を図るための教養教育を土台として、専攻分野の諸理論を体系的に理解し、経済・社会の課題について自ら分析・検討できる総合的な判断能力を身につけているかどうかが、卒業判定の基準となる。
具体的には、定められた期間在学し、経済学部の理念と目標に沿って設定された授業科目を履修し、必要単位数を修得することが学位授与の要件である。
最終的には、4年次の必修科目である「演習II」(卒業研究の遂行、卒業論文の執筆等)での合格が最終的な卒業認定の条件となる。
卒業要件単位数や履修すべき科目の構成等の具体的内容は「履修要項」に記載され、学生に周知されている。