公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

経済学部

カリキュラム・ポリシー

公共政策学科

課程編成

1年次では、「学部共通科目」を設置し、経済学、経営学、会計学、ファイナンスの入門科目を学べるようにしています。これは、2年次以降に配置している専門科目の学修の準備をするためであり、2年次の最初に「公共政策学科」「マネジメントシステム学科」および「会計ファイナンス学科」の3学科の所属を決定しますので、経済学、経営学、会計学、ファイナンスについて理解の上で、学生が学科の選択をできるようにするためです。また、「基礎演習I」を配置して、情報の収集と整理・読解・作文・プレゼンテーションなどの大学での学修のための導入教育を行います。

2年次では、「学科基礎科目」を配置し、そこでは財政、金融、国際経済学などの公共政策の基本的分野について学ぶとともに、隣接分野の基礎的な科目を学びます。また、「基礎演習II」を配置し、「基礎演習I」を踏まえた専門教育のための導入教育を行います。

3~4年次では、「学科応用展開科目」を配置しており、そこでは特定の分野における経済事象・政策効果の分析を行なう科目を幅広く用意しています。また、「演習IからIV」において、経済・経営・会計の特定分野について深く学び、卒業研究の遂行、卒業論文の執筆などにより、現実の経済や行政の政策課題、企業の経営課題などに取り組みます。

実践

その実践においては、シラバスに各科目の学修到達目標、学修内容、成績判定基準などを明示するとともに、十分な学修時間を確保するための登録単位数の上限設定や高い見識と広い視野を得るための海外留学などの単位認定を行い、学修の効果を高めることを図ります。また、3年次進級のための必要要件を設け、より専門的な教育に必要な基礎学力の修得度を確認します。さらに、授業評価アンケートやFD活動での教員間の情報交換などを通して、各教員が授業内容や授業方法を継続的に改善し、質の高い教育を提供します。

成績評価

これらの教育を通じて修得した成果に対しては、シラバスに明示されている到達目標と成績評価基準にしたがって、厳格かつ公正な成績評価を実施します。また、2年次の最後に進級要件を満たさない者は原級留置しています。さらに、GPAによって学修の到達度を明確にするとともに、GPAが一定水準以下の学生に対して個人面談を実施することで、教育の質の保証に向けた取り組みをします。

マネジメントシステム学科

課程編成

1年次では、「学部共通科目」を設置し、経済学、経営学、会計学、ファイナンスの入門科目を学べるようにしています。これは、2年次以降に配置している専門科目の学修の準備をするためであり、2年次の最初に「公共政策学科」「マネジメントシステム学科」および「会計ファイナンス学科」の3学科の所属を決定しますので、経済学、経営学、会計学、ファイナンスについて理解の上で、学生が学科の選択をできるようにするためです。また、「基礎演習I」を配置して、情報の収集と整理・読解・作文・プレゼンテーションなどの大学での学修のための導入教育を行います。

2年次では、「学科基礎科目」を配置し、そこでは経営戦略、経営組織、マーケティングなどの経営学の基礎科目を学ぶとともに、制度経済学、経済学史、経済史などの制度・歴史系の基礎科目についても学びます。また、「基礎演習II」を配置して、「基礎演習I」を踏まえた専門教育のための導入教育を行います。

3~4年次では、「学科応用展開科目」を配置しており、地域企業の活性化、経営のグローバル化、個人の働き方などの現代企業が直面している課題について理解しながら、経営学や制度・歴史に関するより高度な専門性を身につけていきます。また、「演習IからIV」において、経済・経営・会計の特定分野について深く学び、卒業研究の遂行、卒業論文の執筆などにより、現実の経済や行政の政策課題、企業の経営課題などに取り組みます。

実践

その実践においては、シラバスに各科目の学修到達目標、学修内容、成績判定基準などを明示しています。十分な学修時間を確保するために登録単位数の上限を設定し、高い見識と広い視野を得るために海外留学などの単位認定を行っています。また、企業や自治体などとの産学連携講座の開設や、少人数制の演習を通じて、アクティブ・ラーニングやプロジェクトベースド・ラーニングを実施しています。また、3年次進級のための必要要件を設け、より専門的な教育に必要な基礎学力の修得度を確認します。さらに、授業評価アンケートやFD活動での教員間の情報交換などを通して、各教員が授業内容や授業方法を継続的に改善し、質の高い教育を提供します。

成績評価

これらの教育を通じて修得した成果に対しては、シラバスに明示されている到達目標と成績評価基準にしたがって、厳格かつ公正な成績評価を実施します。また、2年次の最後に進級要件を満たさない者は原級留置しています。さらに、GPAによって学修の到達度を明確にするとともに、GPAが一定水準以下の学生に対して個人面談を実施することで、教育の質の保証に向けた取り組みをします。

会計ファイナンス学科

課程編成

1年次では、「学部共通科目」を設置し、経済学、経営学、会計学、ファイナンスの入門科目を学べるようにしています。これは、2年次以降に配置している専門科目の学修の準備をするためであり、2年次の最初に「公共政策学科」「マネジメントシステム学科」および「会計ファイナンス学科」の3学科の所属を決定しますので、経済学、経営学、会計学、ファイナンスについて理解の上で、学生が学科の選択をできるようにするためです。また、「基礎演習I」を配置して、情報の収集と整理・読解・作文・プレゼンテーションなどの大学での学修のための導入教育を行います。

2年次では、「学科基礎科目」を配置し、会計分野とファイナンス・情報分野に関する基礎的な知識を幅広く修得するとともに、隣接分野の基礎的な科目を学びます。また、「基礎演習II」が配置されており、「基礎演習I」を踏まえた専門教育のための導入教育を行います。

3~4年次では、「学科応用展開科目」を配置しており、会計分野とファイナンス・情報分野のより専門的かつ実践的な知識を深く学びます。また、「演習IからIV」において、会計やファイナンス・情報の特定課題について実践的に学び、卒業研究の遂行、卒業論文の執筆などにより、会計、ファイナンスの専門家や関連する分野の高度職業人を養成します。

実践

その実践においては、シラバスに各科目の学修到達目標、学修内容、成績判定基準などを明示するとともに、十分な学修時間を確保するための登録単位数の上限設定や高い見識と広い視野を得るための海外留学などの単位認定を行い、学修の効果を高めることを図ります。また、3年次進級のための必要要件を設け、より専門的な教育に必要な基礎学力の修得度を確認します。さらに、授業評価アンケートやFD活動での教員間の情報交換などを通して、各教員が授業内容や授業方法を継続的に改善し、質の高い教育を提供します。

成績評価

これらの教育を通じて修得した成果に対しては、シラバスに明示されている到達目標と成績評価基準にしたがって、厳格かつ公正な成績評価を実施します。また、2年次の最後に進級要件を満たさない者は原級留置しています。さらに、GPAによって学修の到達度を明確にするとともに、GPAが一定水準以下の学生に対して個人面談を実施することで、教育の質の保証に向けた取り組みをします。