公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

経済学部

カリキュラム・ポリシー

経済学部は、広い教養を身に付け、経済学と経営学の諸理論に精通し、経済・経営上の諸問題に柔軟かつ的確に対応できるような人材を社会に送り出すことを学部の理念と目標に掲げている。この理念と目標を実現するために、以下のような方針でカリキュラムを策定している。

  1. 1年次に、幅広い視野を養い人間形成を図るための教養教育科目を履修する。その上で、学部の理念と目標に基づく専門教育を行うために、2年次に「公共政策学科」、「マネジメントシステム学科」、および「会計ファイナンス学科」の3学科の所属を、学生の選択により決定する。
  2. 専門教育のカリキュラムは1年生向けに「学部共通科目」を、学科所属決定後の2年生向けに学科毎の「学科基礎科目」を、3・4年生向けに学科毎の「応用展開科目」を積み上げている。

    [公共政策学科]は、市場経済の働きを十分理解した上で、国・自治体で政策立案を担う人材、また企業で経営企画を担う人材の育成を目指している。学部共通科目では経済学・経営学・会計学の基礎を学び、学科基礎科目では、経済理論や応用分野の分析方法と統計的手法について学習する。応用展開科目には、特定の分野での経済事象・政策効果の分析を行なう幅広い科目が用意されている。

    [マネジメントシステム学科]では、様々な組織の仕組みについて、経営学と制度・歴史の視点から学習する。企業経営・組織を深く理解し、制度・歴史にも精通し、起業家精神を備えた人材の育成を目指して、カリキュラムを編成している。1年次では経済学・経営学の入門科目、2年次では経営学と制度・歴史分野に関する基礎科目、3・4年次にはより高度な専門性を身に付けるための幅広い応用展開科目が用意されている。また、体験的な学習機会としての事例分析・産学連携講座なども開講している。

    [会計ファイナンス学科]では、会計・ファイナンス・金融工学や関連する科目を体系的に理解し、それらを実践に結びつける能力を備えた人材の育成を目指して、カリキュラムを編成している。 1年次では入門科目群、2年次では会計とファイナンスの分野に関する基礎科目、3・4年次では幅広い応用展開科目および少人数による演習、からなる体系的カリキュラムを築き、会計・ファイナンスの専門家や関連する分野の高度な職業人の養成を図る。また、関連する資格取得を支援する体制を整えている。
  3. 1年生から4年生まで少人数による演習が必修である。1・2年生は「基礎演習I・II」において専門教育のための導入教育を受け、3・4年生は「演習I・II」において経済・経営・会計の特定分野について深く学び、卒業研究を通じて、現実の経済や行政の政策課題、企業の経営課題などに取り組む。
  4. 履修学生に十分な学習時間を確保するために、年間の履修科目登録の上限を、原則として1年次に48単位、2・3・4年次に40単位としている。