公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

薬学研究科

理念と目的・中期計画

教育研究上の目的

博士前期課程・博士後期課程・博士課程
  • 薬学領域を基盤として幅広い知識と深い専門性を修得し、革新的研究を目指し生命薬学、創薬科学、環境衛生薬学、医療薬学に携わる創造性豊な卓越した能力を有する研究者・技術者の養成
  • 広い視野、専門性と高い倫理観を持ち教育、行政及び医療現場で活躍できる卓越した能力を有する人材の養成
  • 博士前期課程(創薬生命科学専攻)では、研究課題への取り組み方のうち、主に問題解決能力を獲得することにより、充分な知識・技術を有する人材の養成
  • 博士後期課程(創薬生命科学専攻)では、最先端の研究成果を挙げて学術論文として発表する過程で、問題解決能力に加えて課題設定能力を獲得することにより、国際的な活躍の期待できる高度に指導的な人材の養成
  • 博士後期課程(共同ナノメディシン科学専攻)では、ナノマテリアル、ナノデバイス関連分野に対する深い知識と技術を有し、創薬をはじめ、機能性食品、香粧品などの産業分野の発展に貢献できる人材の育成
  • 博士課程医療機能薬学専攻(以下「博士課程」という。)では、臨床研究能力(問題解決能力及び課題設定能力)を有し、指導的薬剤師あるいは医療薬学教育・研究者として活躍の期待できる人材の育成
  • 前各号に定める人材養成のための活発な教育研究を通じて生み出される、国際的に質の高い研究成果の発信とそれによる文化の進展への貢献

中期計画

薬学研究科では、新しい薬学教育制度に対応し、基礎から臨床までの専門に特化したカリキュラムの作成など教育体制(医療機能薬学専攻の4年制課程及び創薬生命科学専攻の3年制博士後期課程)を構築して、高い臨床研究能力を有する研究者及び指導的薬剤師並びに創薬生命科学領域の高度な研究能力を有する研究者及び職業人を育成する。また、薬工の連携によるマテリアルサイエンス領域の高度専門教育及び研究指導を実施するため名古屋工業大学との共同大学院を設置する。