公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

薬学研究科

ディプロマ・ポリシー

博士前期課程

創薬生命科学専攻

薬学研究科では、薬学領域を基盤として幅広い知識と深い専門性を修得し、革新的研究を目指す研究者・技術者および広い視野、専門性と高い倫理観を持ち教育、行政及び医療現場で活躍できる卓越した能力を有する人材を育成するという教育上の目的に鑑み、以下の能力を有すると認められた者に対し、修了を認定し、学位を授与します。

博士前期課程(創薬生命科学専攻)では、以下の能力を有すると認められた者に対し、修了を認定し、修士(薬科学)の学位を授与します。

  • 物質科学・生命科学の基礎知識および最新の知識と技術を修得し、研究を通して、高い問題解決能力を身につけている。

博士後期課程・博士課程

創薬生命科学専攻

博士後期課程(創薬生命科学専攻)では、以下の能力を有すると認められた者に対し、修了を認定し、博士(薬科学)の学位を授与します。

  • 最先端の研究成果を挙げて学術論文として発表し、その過程を通して、問題解決能力に加えて、課題設定能力を身につけている。
共同ナノメディション科学専攻

博士後期課程(共同ナノメディシン科学専攻)では、以下の能力を有すると認められた者に対し、修了を認定し、博士(ナノメディシン科学)の学位を授与します。

  • ナノマテリアル、ナノデバイス関連分野に対する深い学識と技術を修得する。最先端の研究成果を挙げて学術論文として発表し、その過程を通して、問題解決能力に加えて、課題設定能力を身につけている。
医療機能薬学専攻

博士課程(医療機能薬学専攻)では、以下の能力を有すると認められた者に対し、修了を認定し、博士(薬学)の学位を授与します。

  • 医療薬学系の基礎知識を修得する。最先端の研究成果を挙げて学術論文として発表し、その過程を通して、臨床での問題を独自に発見し、解決する高い研究能力、あるいは基礎と臨床のかけ橋となる薬学領域の研究を独自に推進できる能力を身につけている。