公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

薬学研究科

アドミッション・ポリシー

博士前期課程

理念・目的・教育目標

薬学研究科は、薬学領域の幅広い知識とそれに基づく深い専門性を修得し、革新的研究を目指し生命薬学、創薬科学、環境衛生薬学、医療薬学に携わる創造性豊な卓越した能力を有する研究者・技術者の養成を目指している。また、広い視野と高い倫理観を持ち教育、行政及び医療現場等で活躍できる卓越した能力を有する人材の養成も目指している。これらの多岐に亘る高度に専門的な人材を育成するために、当研究科は次のような人を求めている。

求める学生像
一般選抜、推薦・特別推薦
  • 学修と研究に強い意欲を持つ人
  • 幅広い分野に関心をもち、視野の拡大に努める人
  • 研究課題への取り組み方において、問題解決能力の獲得に意欲を持つ人
  • 多様な人材の育成の観点から、異なる学問的背景(薬学以外の学部出身者)を有し、新たに薬学研究を志す人
  • 国際的な人材の育成の観点から、薬学研究を志す海外からの留学生
修得しておくべき知識の内容・水準
一般選抜、推薦・特別推薦
  • 研究遂行に必要な知識と技術を修得するために求められる物質科学・生命科学の学力(大学学部卒業レベル)と語学力を有すること

博士後期課程(創薬生命科学専攻)

理念・目的・教育目標

薬学研究科は、薬学領域の幅広い知識とそれに基づく深い専門性を修得し、革新的研究を目指し生命薬学、創薬科学、環境衛生薬学、医療薬学に携わる創造性豊な卓越した能力を有する研究者・技術者の養成を目指している。また、広い視野と高い倫理観を持ち教育、行政及び医療現場等で活躍できる卓越した能力を有する人材の養成も目指している。これらの多岐に亘る高度に専門的な人材を育成するために、当研究科は次のような人を求めている。

求める学生像
一般選抜
  • 優れた最先端の研究成果をあげ、世界に発信し、社会に貢献することを志す人
  • 研究成果を学術論文として発表する過程を通じて、問題解決能力に加えて課題設定能力の獲得に意欲を持つ人
  • 多様な人材の育成の観点から、異なる学問的背景(薬学以外の学部出身者)を有し、新たに薬学研究を志す人
  • 国際的な人材の育成の観点から、薬学研究を志す海外からの留学生
社会人特別選抜
  • 企業、研究機関等での薬学や創薬に関わる就業経験を踏まえ、さらに博士後期課程での学問的レベルでの薬学研究を志し、研究成果を社会に還元したいと考える人
  • 専門知識をもつ職業人として高度な学識・実験技術の獲得を目指す人
修得しておくべき知識の内容・水準
一般選抜、社会人特別選抜
  • 研究遂行に必要な物質科学・生命科学の基礎学力に加え、関連分野の先端的な知識と基礎的実験技術を有すること
  • 基礎的語学力に加え、論文作成や国際学会での発表・討論に必要な語学力を有すること

博士後期課程(共同ナノメディシン科学専攻)

理念・目的・教育目標

薬学研究科共同ナノメディシン科学専攻では、薬学領域、ならびに工学領域の幅広い知識とそれに基づく深い専門性を修得し、革新的研究を目指し生命薬学、創薬科学等に携わる創造性豊な卓越した能力を有する研究者・技術者の養成を目指している。また、広い視野と高い倫理観を持ち教育、行政等で活躍できる卓越した能力を有する人材の養成も目指している。特に、本専攻では、これらの多岐に亘る高度に専門的な人材を育成するために、当研究科は次のような人を求めている。

求める学生像
一般選抜
  • 優れた最先端の研究成果をあげ、世界に発信し、社会に貢献することを志す人
  • 研究成果を学術論文として発表する過程を通じて、問題解決能力に加えて課題設定能力の獲得に意欲を持つ人
  • 学際領域における多様な人材の育成の観点から、様々な学問的背景を有し、新たに薬工融合型研究を志す人
  • ナノマテリアル、ナノデバイス関連分野に強い関心をもち、薬工両方に精通した研究者を目指す人
  • 国際的な人材の育成の観点から、薬工融合研究を志す海外からの留学生
社会人特別選抜
  • 企業、研究機関等での薬学や創薬に関わる就業経験を踏まえ、さらに博士後期課程での学問的レベルでの薬学・工学の学際領域での薬工融合研究を志し、研究成果を社会に還元したいと考える人
  • 専門知識をもつ職業人として高度な学識・実験技術の獲得を目指す人
修得しておくべき知識の内容・水準
一般選抜、社会人特別選抜
  • 研究遂行に必要な物質科学・生命科学の基礎学力に加え、関連分野の先端的な知識と基礎的実験技術を有すること
  • 基礎的語学力に加え、論文作成や国際学会での発表・討論に必要な語学力を有すること

博士課程(医療機能薬学専攻)

理念・目的・教育目標

薬学研究科は、薬学領域の幅広い知識とそれに基づく深い専門性を修得し、革新的研究を目指し生命薬学、創薬科学、環境衛生薬学、医療薬学に携わる創造性豊な卓越した能力を有する研究者・技術者の養成を目指している。また、広い視野と高い倫理観を持ち教育、行政及び医療現場等で活躍できる卓越した能力を有する人材の養成も目指している。これらの多岐に亘る高度に専門的な人材を育成するために、当研究科は次のような人を求めている。

求める学生像
一般選抜
  • 優れた最先端の研究成果をあげ、世界に発信し、社会に貢献することを志す人
  • 研究成果を学術論文として発表する過程を通じて、問題解決能力に加えて課題設定能力の獲得に意欲を持つ人
  • 指導的な薬剤師、教育・研究者として社会に貢献することを志す人
  • 国際的な人材の育成の観点から、薬学研究を志す海外からの留学生
社会人特別選抜
  • 多様な人材の育成の観点から、薬剤師や臨床現場での職業経験から臨床研究に対する明確な問題意識を持ち、博士課程で学問的レベルの研究を志し研究成果を社会に還元したいと考える人
  • 専門知識をもつ職業人として高度な学識・実験技術の獲得を目指す人
修得しておくべき知識の内容・水準
一般選抜、社会人特別選抜
  • 研究遂行に必要な物質科学・生命科学の基礎学力に加え、臨床研究ないし関連領域の研究の遂行のための医療薬学の基礎的な知識と技術を有すること
  • 基礎的語学力に加え、論文作成や国際学会での発表・討論に必要な語学力を有すること