公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

看護学研究科

ディプロマ・ポリシー

博士前期課程

看護学専攻

大学院学則に基づく授業科目及び単位数の修得など規定にある要件を満たし、以下の能力を身に付けた学生に対して、「修士」(看護学)の学位を授与する。

  1. 人間の尊厳を理解し、広い視野に立ち、精深な学識を有している。
  2. 高度な職業倫理を有し、看護学・助産学の発展と探究に寄与し、保健・医療・福祉に貢献できる能力を有している。
  3. 修士論文コース(看護学領域および助産学領域)を修了する学生は、専攻する教育研究分野における問題や課題に積極的に取り組む研究・実践能力を有している。
  4. 専門看護師教育コースを修了する学生は、特定分野における実践、相談、調整、倫理調整、教育、研究に卓越した能力を有している。
  5. 上級実践コース助産学分野を修了する学生は、助産師として高度な実践能力を有している。
  6. 加えて、修士論文あるいは課題研究の成果物の審査と最終試験では、研究目的(問題設定)、研究方法、実施、分析、考察の適切性、学術的発展性、倫理的配慮などの点で、修士の学位に相応する内容であると認められる必要がある。

博士後期課程

看護学専攻

大学院学則に基づく授業科目及び単位数の修得など規定にある要件を満たし、以下の能力を身に付けた学生に対して、「博士」(看護学)の学位を授与する。

  1. 科学の発展や技術の進歩に伴う医療の高度化、社会の構造の変化や国際化などに伴う健康課題の多様化に即した研究・教育を遂行するに必要な広い視野と豊かな学識を有している。
  2. その広い視野と豊かな学識を十分に活用し、自立して、独創的で高度な研究活動を持続する意志と能力を有している。
  3. 加えて、博士論文の審査と最終試験では、研究目的(問題設定)、研究方法、実施、分析、考察の適切性、研究の独創性、学術的発展性と意義、倫理的配慮などの点で、博士の学位に相応する内容であると認められる必要がある。