公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

看護学研究科

カリキュラム・ポリシー

博士前期課程

看護学専攻

看護学研究科博士前期課程では、

  1. 看護学領域、助産学領域の実践現場における問題や課題に積極的に取り組む研究・実践能力を養う教育を提供する。
  2. 視野を広げ、精深な学識を付与するために、工夫を凝らした専攻支持科目群を配置する。ここには、看護学一般の知識の深化を促す科目、隣接諸科学の理論や技術に関わる科目、そして高い職業倫理観に関わる科目が含まれる。
  3. 専門的な研究能力の修得に必要な教育研究分野科目群を配置する。ここには、専攻する教育研究分野の特論、演習、特別研究(修士論文コース)/課題研究(専門看護師教育コース、上級実践コース助産学分野)が含まれる。また、幅広い専門的知識と柔軟な思考能力を修得するため主専攻分野以外の分野の特論の選択履修を可能とする。

修士論文コース(看護学領域、助産学領域)では、
教育研究分野において、優れた看護学・助産学の専門職者、教育者、研究者を養成するため、多様な人々の健康と福祉の実態を踏まえ、看護学・助産学の理論と実践を追求し、社会のニーズに積極的に応えられる能力の修得を図る。

専門看護師教育コースでは、
複雑で解決困難な看護問題をもつ個人・家族・集団に対して水準の高い看護ケアを提供し、高度な医療の進展に対応できる専門看護師を養成するため、特定の専門看護分野の知識・技術を深める科目群を配置する。

上級実践コース助産学領域助産学分野では、

  1. 高度な専門性が求められる助産学領域において、その役割を担う卓越した能力を修得させるために、助産の応用発展となる科目群(助産の理論と実践の探求、卓越した助産技術、国際的な活動演習など)を配置する。具体的には、女性とその家族、母子の健康維持や健康を阻害する問題など、助産領域の社会的ニーズに応えられる研究能力と高度な実践力の育成を図る教育を提供する。
  2. 看護学の教育課程を終了した者に助産師の資格取得に要する助産の基礎となる科目群を配置する。具体的には、基礎助産学、周産期ケア、女性健康支援について、学習を深める教育を提供する。

博士後期課程

看護学専攻

看護学研究科博士後期課程では、

  1. 健康支援看護学分野とケアシステム看護学分野の学問的構築を推進し、国際社会など多様な場で活躍できる優れた教育・研究者を育成するために、高い専門的知識と技術を修得させ、医療の高度化に対応する先進的研究および、地域の保健医療福祉分野のニーズに対応する研究を実践する。
  2. 専門領域の学問的知識と技術の向上を図るため、専門別特講、特講演習および特別研究の科目群を配置する。
  3. また、多面的な専門知識と技術を修得し、看護学領域における高度な学問的能力と研究実践能力を養うために支持科目群を配置する。
  4. 特別研究では、研究計画と実施、博士論文予備審査、関係ある学術雑誌への論文発表、博士論文審査および最終試験などを経て、高度な看護学の学問的構築と研究能力を修得させる。