公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

医学研究科

カリキュラムポリシー

修士課程

医科学専攻

修士課程のカリキュラムは、医学関連の専門領域で活躍するための能力を身につけることができるように系統的に編成されている。学生は、共通教育科目、専門演習および特別研究を修了することが求められる。1年次には原則全科目必修の共通教育科目が開講され、最先端の医学・医療および生命科学領域の幅広い知識の習得を目指す。学生は指導教員の専門分野に所属して研究を進める。学生個別に立てられた研究指導計画に基づき、専門演習および特別研究を通じて専門領域の基本概念および技術を習得し学位論文を作成する。

博士課程

専攻共通

医学研究科博士課程では、医学・医療における未解決の諸問題を独自の実験やデータ集積と解析により解決する能力の習得を目指し、その後に医学・医療分野において世界に伍する超一流の研究者となる礎を身につける。そのために、講義学習により医学・医療全般のより深い知識と専門領域の最先端知識を獲得し、さらに研究活動を通じて専門領域の高度先進技術を習得し、研究探究心を育む。具体的には、できるだけ早期に共通科目、専門科目主科目及び副科目を受講し、特別研究を遂行する上で必要となる基礎的知識・技術の習得を目指す。特別研究は実践的研究活動を行うもので、指導教員の専門分野に所属して実施し、研究開始時に指導教員と学生との間で協議して作成した研究指導計画に基づき、国際欧文学術誌作成に必要となる倫理性、独自性、創造性等に関わる研究能力を獲得する。博士課程3-4年次においては、課程修了要件となる国際欧文学術誌に公表する論文を作成するための研究成果に対する評価能力、成果に対するプレゼンテーション能力、欧文論文作成能力を養う。