公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

医学研究科

カリキュラム・ポリシー

修士課程

課程編成

医学研究科修士課程のカリキュラムは、医学関連の専門領域で活躍するための能力を身につけることができるように系統的に編成されており、共通教育科目、専門演習および特別研究を修了することが求められます。

実践

1年次には科目選択制の共通教育科目が開講され、最先端の医学・医療および生命科学領域の幅広い知識の修得を目指します。共通教育科目は英語でも開講します。学生は指導教員の専門分野に所属して研究を進め、学生個別に立てられた研究指導計画に基づき、専門演習および特別研究を通じて専門領域の基本概念および技術を修得し学位論文を作成します。

成績評価

医学修士の学位審査については、医学研究科修士課程学位審査内規に明示します。

博士課程

課程編成

医学研究科博士課程では、ディプロマ・ポリシーに定める能力の修得を目指すとともに、その後に医学・医療分野において世界に伍する一流の研究者となる礎を身につけるため、講義学修により医学・医療全般のより深い知識と専門領域の最先端知識を修得し、さらに研究活動を通じて専門領域の高度先進技術を培うことで研究探究心を育みます。具体的には次のように編成しています。

実践

早期に共通科目および専門科目:主科目・副科目を受講し、特別研究を遂行する上で必要な基礎的知識・技術の修得を目指します。共通科目は英語でも開講します。

  • 特別研究では、指導教員の専門分野に所属して実践的研究活動を実施し、研究開始時に指導教員と協議して作成する研究指導計画に基づき、国際欧文学術誌作成に必要となる倫理性・独自性・創造性等に関わる研究能力を培います。
  • 3-4年次では中間発表会を通じて、課程修了要件となる国際欧文学術誌に公表する論文を作成するための研究成果に対する評価能力、成果に対するプレゼンテーション能力、欧文論文作成能力を養います。
  • MD-PhDコース選択者には、3年間での学位取得を目指した研究指導、学会発表及び論文執筆指導を行います。
成績評価

医学博士の学位審査については、医学研究科博士課程学位審査内規に明示します。