公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

人間文化研究科

カリキュラム・ポリシー

博士前期課程

人間文化専攻

本研究科の人材養成目的を達成するために、課題研究科目グループと臨床心理コースを設置している。

課題研究科目グループのカリキュラムは、課題研究科目と専門領域科目の二つの科目群で構成されている。 「課題研究科目」は複数の教員と学生が共同で研究するという方式で、発表や討論を通じて研究を深め、課題に即した研究能力を獲得していくことができる。学生は、この方式により複数の教員から指導を受けることができる。「課題研究科目」の1年次において、学生は課題研究科目の問題設定を認識し、課題研究の中での自分の研究テーマを練り上げ、課題研究に関する基礎的研究を推進する。2年次において、学生は自分の研究テーマを確立し、修士論文作成に関する適切な指導を複数の教員から受ける。

「専門領域科目」は、課題研究科目の推進を基礎的側面、隣接的関連的側面の両面から支援、展開させるための授業科目である。専門領域科目には、文科系、社会系、人間系の三つの分野の授業科目が設置されている。

臨床心理コースのカリキュラムは、「臨床心理必修科目」「臨床心理選択必修科目」「応用実践科目」「研究演習科目」の4つの科目群で構成されている。「臨床心理必修科目」「臨床心理選択必修科目」では、臨床心理士になるために必要な基本的理論の理解と基礎的知識を獲得するとともに、基本的態度や技法を習得する。「応用実践科目」では、様々な施設における実習を通して、実践的なスキルを身につけることをめざす。「研究演習科目」は、各自の研究テーマをもとに、修士論文作成に関する指導を受ける。

博士後期課程

人間文化専攻

本研究科の人材養成目的を達成するために、博士後期課程のカリキュラムは、「文化研究」と「人間・社会研究」の二つの系列で構成されている。学生は、入学時に二つの研究系列のうちどちらか1つを主たる研究領域として選択する。
「特殊講義」は当該分野における専門知識を修得し、何が研究課題になるのかを学び、研究の方法と技能を身につけ、自らの研究テーマの発見・確立を目指す科目であり、8単位以上修得しなければならない。
「特別演習」は、博士後期課程の中心になる授業科目で、学生の研究テーマの設定とその深化、展開をはかり、博士論文を完成するための適切な研究指導を行う科目であり、毎年4単位ずつ、3年間で12単位を修得する。
研究指導は、「特別演習」を担当する主指導教員の他に副指導教員の2名があたる。1年次では、研究計画書を作成し、設定した研究テーマについての関連資料・文献を収集し、予備的研究報告を行う。2年次では、より詳細な研究計画書を提出し、それにしたがって論文執筆作業に入り、指導教員の指導を受け、後期には博士論文のための予備論文を作成し、審査を受ける。あわせて学会報告、論文発表を目指す。3年次には、あらためて研究計画書を作成し、博士論文の執筆を進め、2年次の予備論文の成果に基づいて「公開セミナー」を行い、研究概要を口頭発表し、指導教員以外の教員からの指導も受ける。追加的な研究を進めた上で博士論文を完成する。あわせて学会報告、論文発表を目指す。