公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

経済学研究科

アドミッション・ポリシー

博士前期課程

求める学生像

経済学研究科の基本的な理念は、経済学や経営学に関する広範で豊かな知識や教養を備えた社会人ならびに高度な専門的知識を有する研究者の養成に努め、経済、経営上の諸問題に柔軟かつ的確に対応できる高度な専門性を持つ人材を社会に送り出すことである。
博士前期課程では、上記の基本的理念にもとづき、とくに、経済学や経営学に関する広範で豊かな知識や教養を備えた人材の育成を目標として、次のような意欲と能力に満ちた学生が入学することを期待し歓迎している。


一般選抜

  • 大学院での研究・学修成果をもとに高度専門職業人として現代の経済社会で活躍したい人
  • 経済・経営問題の理論的解明や実証的分析に深い興味を持ち、将来、研究者として自立するための基礎を築きたい人

社会人特別選抜

  • 社会人としての生活・就業経験の中から明確な問題意識を形成し、経済学・経営学における思考方法や分析手法を学んで、その解決に取り組もうとする意欲のある人
  • 経済学・経営学に関するより広範で豊かな教養の形成を目指す人

外国人特別選抜

  • 出身国における経済・経営の現状を理解し、大学院における研究・学修を通じて、その発展の方向を考察しようとする意欲のある人
  • 国際的視野に立って経済経営上の諸問題に取り組み、国際的に活躍したいと考えている人
修得しておくべき知識の内容・水準

経済学研究科では、各課程及び各種選抜方式別に、入学者が次のような知識や能力を修得しておくことが望ましいと考えている。


一般選抜

  • 専攻分野における制度や理論、政策についての学部教育レベルの知識・理解を有し、論理的思考能力を養っていること

社会人特別選抜

  • 大学院において研究の対象としようとする経済・経営上の問題について、その現状や経緯に関する十分な知識を持ち、これを論理的に説明しうる能力を養っていること

外国人特別選抜

  • 専攻分野における基本的文献を理解し、自らの主張を論理的に表現できる知識と日本語能力を修得していること

博士後期課程

求める学生像

経済学研究科の基本的な理念は、経済学や経営学に関する広範で豊かな知識や教養を備えた社会人ならびに高度な専門的知識を有する研究者の養成に努め、経済、経営上の諸問題に柔軟かつ的確に対応できる高度な専門性を持つ人材を社会に送り出すことである。
博士後期課程では、経済学研究科の基本的理念にもとづき、研究者の養成をはじめ、経済、経営上の諸問題に柔軟かつ的確に対応できる高度な専門性を備えた人材の育成を目標として、次のような意欲と能力に満ちた学生が入学することを期待し歓迎している。

  • 経済・経営分野における高度な学修や研究に深い関心を持ち、研究や学修上の諸課題に立ち向かう強い意志と意欲を持っている人
  • 大学院での研究・学修成果をもとに高度な専門性を持って、経済社会の諸問題を的確に分析しその解決を見出す努力をしようとする人
  • 国際社会における経済、経営の諸問題について十分な理解力を持ち、国際的に問題解決にあたる意思を持つ人
修得しておくべき知識の内容・水準

経済学研究科では、各課程及び各種選抜方式別に、入学者が次のような知識や能力を修得しておくことが望ましいと考えている。

  • 専攻分野における国内外の専門的文献を読み進め、これらを参照しながらも、研究対象とする経済・経営上の課題について、独自の理論的・実証的検討を加えることができる創造力と分析方法に関する知識を養っていること