公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

大学概要

65周年記念事業

名古屋市立大学は、昭和25年(1950年)に開学し、今年(2015年)で開学65周年を迎えました。
当初は医学部、薬学部の2学部で発足した本学も、その後社会の要請にこたえる形で成長し、現在では6学部7研究科1センターを有する、学生約4,000名、教職員約1,700名からなる総合大学に発展し、有為な人材を多数輩出するとともに、先進的な研究成果を世界に発信し続けています。また平成26年(2014年)の開学記念日(10月28日)には本学の基本理念や行動指針となる「大学憲章」を制定するとともに、15年後の明るい未来を見据えた行動計画として「名市大未来プラン」を策定し、「誇りを持ち愛される名市大」の実現を目指しています。
本学ではこの開学65周年を記念して、次のメインテーマに沿って、下記の記念事業を実施し、さらに平成32年(2020年)の開学70周年を見据えて、継続的に事業を展開していきます。
なお、平成27年10月31日(土曜日)に開催した開学65周年式典において、本学学長による、開学70周年を見据えた「開学65周年宣言」を行いました。

開学65周年宣言

開学65周年記念事業メインテーマ 「すこやか・なごやか 未来の創造 -超少子高齢社会への挑戦-」

いわゆる「人口減少社会」(注1) や「2025年問題」(注2) と言われる超少子高齢化がもたらす様々な問題は、今の日本の喫緊の課題であり、私たちに社会のあり方を根底から見直すことを求めています。
大学憲章で「知の創造の拠点」となることを謳っている名古屋市立大学は、子どもたちが「すこやか」に育ち、高齢者の方々が「なごやか」に暮らせる「未来の創造」に向けて、2015年、開学65周年記念事業として、「超少子高齢社会への挑戦」をテーマとした様々な取組みを全学で展開していきます。

※(注1) 出生率の低下などを背景に、人口が減少し続けている社会。人口減少社会という用語は、人口減が将来の日本にもたらす、経済・租税・福祉・教育など、様々な分野への社会的影響を含めて語られる。(出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」)
※(注2) 2025年頃の日本で「団塊の世代」の人々が75歳以上となることにより起こる諸問題のこと。2025年には団塊の世代が75歳以上(後期高齢者)となり、日本人の5人に1人近く(2179万人、18.1%)が75歳以上となる超高齢社会が到来する。(出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵mini」)

記念事業一覧

1.開学65周年記念式典

開学65周年を記念して、下記のとおり記念式典を、開催しました。式典当日は、同窓生・現役学生とその御家族・地域住民の皆様・教職員ら410名の方にご参加いただきました。誠にありがとうございました。

  • 開催日時:平成27年10月31日(土曜日) 午後1時~5時45分
  • 会 場:名古屋市立大学 田辺通キャンパス 宮田専治記念ホール、および大講義室(サテライト会場)
    1.学長式辞・来賓祝辞等
    2.記念講演会
    演題「考える人として生きる」 講演者:林修 氏
    3.記念シンポジウム
    第一部 本学の取り組み発表
    【発表テーマ】:
    ・不育症研究について
    発表者:杉浦真弓(学長補佐・医学研究科 教授)
    ・少子化はストップできる?-市町村地域特性と少子化の動向-
    発表者:焼田党(経済学研究科長・教授)
    山本陽子(経済学研究科 教授)
    ・地域と育む未来医療人「なごやかモデル」
    発表者:早野順一郎(医学研究科 教授)
    川出義浩(薬学研究科 特任准教授)
    ・生きること、死ぬこと~日本文化からのアプローチ~
    発表者:土屋有里子(人間文化研究科 准教授)
    ― 休憩 ―
    第二部 各学部・研究科 未来プラン概要発表
    発表者:各学部・研究科長及び病院長
  • 式辞
    式辞
  • 記念講演会
    記念講演会
2.記念イベント

開学65周年を記念して、下記の主要イベントを実施しました。

<主要イベント>
開催日 イベント名/概要
平成27年7月16(木曜日)、17日(金曜日) 東(東南)アジア地域の生物多様性・環境医科学シンポジウム2015
東(東南)アジア地域での分子生物学を基盤とした生物多様性科学と環境医科学に関する研究ネットワークづくりを目指して、フィリピン、韓国、インドネシア、日本の4か国から、国際交流協定締結校2大学を含む4大学の研究者が集まり、国際シンポジウム及びワークショップを開催しました。
平成27年7月25日(土曜日) 不育症研究センターキックオフ・セミナー
「不育症研究センター」が文部科学省の「共同利用・共同研究拠点」に認定、さらに「特色ある共同研究拠点の整備の推進事業~スタートアップ支援~」として補助採択されたことを記念して、研究者、患者および関心をお持ちの市民の皆様方を対象にキックオフ・セミナーを開催しました。
平成27年10月10日(土曜日) サイエンスカフェin名古屋 100回達成特別講演会
科学について市民と科学者が喫茶店でコーヒー片手に気軽に話し合う場である「サイエンスカフェin名古屋」が、6月19日に100回目を迎えることから、多くの方にご参加いただけるよう講演会形式とし、特別講演を開催しました。
平成27年11月7日(土曜日) 人文社会学部20周年記念式典
開学65周年と学部創立20周年を記念して、「つながろう人社!」をテーマに記念式典を実施しました。
平成27年11月21日(土曜日) 芸術工学部20周年記念式典
学部創立20周年を記念して、芸術工学部の過去、現在、未来を考える記念式典、シンポジウム等を実施しました。
平成27年12月27日(日曜日) 名古屋市立大学管弦楽団第60回定期演奏会
開学65周年を記念して演奏会を開催し、プロのソリスト4名に加え、本学教職員及び学生で結成した合唱団とともに、ベートーベン交響曲第9番を演奏しました。
平成28年3月18日(金曜日) 記念映画 「儚時計(ゆめどけい)」 上映会
65年前(昭和25年)と現代を舞台とし、2つの時代を対比し考察する映画を作成し、上映会を開催しました。
施設整備

開学65周年を記念して、学生の教育環境の整備、キャンパス等の施設整備を行います。

場所 内容
滝子(山の畑)キャンパス 学生会館外壁・トイレ等の改修
学生会館周辺等の整備
総合情報センター山の畑分館アクティブ・ラーニングスペースの設置
桜山(川澄)キャンパス 厚生会館の庇の改修
全キャンパス 学生用無線ネットワークの整備
附属病院 手術室の増設、最先端医療設備の導入
ICU(集中治療室)および内視鏡検査室などの拡張
地域医療連携センターの新設
開学65周年記念事業寄附金

このたび本学では、記念式典、各種の記念イベント、教育・研究・医療の施設整備などの記念事業を、人文社会学部と芸術工学部の「創立20周年記念事業」と連携しながら実施することといたしました。つきましては、皆様方に広く寄附金を募り、上記の記念事業のほか、学生の留学や就職支援、次代を担う若手研究者の育成、高度医療の充実など、本学が進める教育・研究・医療・社会貢献、そして国際化における活動の強化に役立てたいと考えております。
本学のさらなる発展のため、多方面の皆様方の温かいご支援を賜りますよう、謹んでお願い申し上げます。

<ご協力をお願いする金額>

個人 1口:5,000円(何口でもお申し込みいただけます)
法人 1口あたりの金額は特に定めておりません。

<ご協力をお願いする方>
名古屋市立大学65周年記念事業の趣旨にご賛同いただける方であれば、どなたでもお申込みいただけます。

<寄附の詳細>
「公立大学法人名古屋市立大学振興基金」(免税措置あり)へのご寄附をお願いします。いただいたご寄附は上記の事業の実施や施設整備などに活用いたします。

収支報告(平成29年3月31日現在)(PDF 20.8 KB)

<寄附の申込方法>
〇インターネットによるお申込み
平成27年8月より、インターネットからのお申込みが可能となりました。「クレジットカード決済」、「コンビニエンスストア決済」、「インターネットバンキング決済(Pay-easy)」から決済方法をお選びいただけます。詳細は、名古屋市立大学振興基金のページをご覧ください。

インターネットによるお申込み

〇振込依頼書によるお申込み
電話またはメール、もしくは「寄附申込書」にご記入の上、FAXにて事務局総務課基金担当までご連絡ください。「振込依頼書」を郵送いたしますので、最寄りの金融機関でお振込みください。
「寄附申込書」は以下のページからダウンロードしてください。

振込依頼書によるお申込み

<申込期間>
ご寄附の申込期間は平成27年4月から平成30年3月とさせていただきます。

<ご寄附いただいた方への顕彰>

ご芳名の公表 感謝の意を表するため、寄附者様のご意向を確認の上、市立大学ホームページなどにご芳名を掲載させていただきます。
寄附者銘板への刻印 高額(5万円以上)のご寄附をいただいた方は、寄附者銘板にご芳名を刻印させていただきます。

感謝の意を表するため、寄附者様のご意向にそって、市立大学広報誌「創新」にご芳名を掲載させていただきます。
(ご芳名の公表に同意されなかった方を除きます)

創新Vol.21別紙(平成28年1月1日~3月31日 寄附者一覧)(PDF 296.6 KB)

創新Vol.20別紙(平成27年10月1日~12月31日 寄附者一覧)(PDF 431.5 KB)

創新Vol.19別紙(平成27年7月1日~9月30日 寄附者一覧)(PDF 170.0 KB)

創新Vol.18別紙(平成27年4月1日~6月30日 寄附者一覧)(PDF 91.4 KB)

<寄附金の免税措置>
ご寄附いただきました寄附金は、個人または法人の所得から控除され、税制上の優遇措置を受けることができます。
「名古屋市立大学振興基金」に対するご寄附は、所得税法上の寄附金控除の対象となる特定寄附金または法人税法上の全額損金算入を認められる寄附金として財務大臣から指定されています。
また、愛知県税条例および名古屋市市税条例の規定に基づく個人の住民税の寄附金税額控除の対象となります。

<免税措置の手続き方法>

個人の場合 寄附をされた翌年の確定申告期間中に、所轄税務署にて確定申告をしてください。
法人の場合 寄附をされた事業年度にかかる確定申告期間中に、所轄税務署にて確定申告をしてください。

※手続きには「寄附金領収証明書」(別途大学からお届けします)と「振込金(兼手数料)受領書」が必要です。

寄附金についてのお問合せ先

事務局 総務課 庶務係(土曜・日曜・祝日を除く午前9時~午後5時)
TEL: 052-853-8005 FAX: 052-841-6201
E-mail: shomu0[at]adm.nagoya-cu.ac.jp
※スパムメール防止のため@を[at]にしています。送信の際は[at]を@(半角)に置換してください。