公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

大学概要

沿革

名古屋市立大学は、明治17年(1884年)に設置された名古屋薬学校にその端を発する。
昭和25年(1950年)4月1日、名古屋女子医科大学と名古屋薬科大学を統合して、医学部(旧制)と薬学部(新制)2学部を有する名古屋市立大学が発足した。
その後、様々な変革を経て、平成18年4月1日、公立大学法人名古屋市立大学として、新たなスタートを切ることとなった。

昭和25年4月1日 名古屋市立大学設置(旧制医学部入学定員40名、新制薬学部入学定員80名)
昭和26年6月15日 薬学部位置変更(鳴海町から市内瑞穂区田辺通3-1、および同区萩山1-11へ)
昭和27年4月1日 新制医学部医学科設置(入学定員40名)
昭和30年4月1日 医学部進学課程設置に伴い、同課程および薬学部一般教育系列の教育を行う教養部を設置
昭和32年9月 附属高等厚生女学校を名古屋市立大学看護学校と改称
昭和33年4月1日 薬学部に薬学専攻科設置(入学定員9名)
昭和34年5月25日 大学本部を川澄キャンパスへ移転
昭和34年5月28日 旧制医学研究科に学位論文審査権附与
昭和35年11月 医学部図書館を附属病院内から川澄キャンパスへ移転
昭和36年3月31日 旧制医学部および同研究科廃止、薬学部専攻科廃止
昭和36年4月1日 大学院医学研究科(博士課程)・薬学研究科(修士課程)設置
昭和36年12月21日 附属病院の病床数を512床とする
昭和38年4月1日 医学部医学科入学定員を60名(従前40名)に増員
昭和39年4月1日 経済学部経済学科設置(入学定員150名)
昭和40年4月7日 教養部の一部および学生部を、山の畑キャンパスへ移転(田辺通キャンパスから)
昭和41年3月31日 薬学部を田辺通キャンパスへ統合
昭和41年4月1日 大学院薬学研究科博士課程設置
昭和41年11月7日 附属病院を改築、新病院(川澄キャンパス)にて診療開始、病床数を624床とする
昭和42年4月1日 計算センター発足
昭和43年4月1日 教養部を山の畑キャンパスへ統合
大学院経済学研究科修士課程設置
薬学部薬学科入学定員を100名(従前80名)に、経済学部経済学科を200名(従前150名)に増員
看護学校入学定員を30名(従前20名)に増員
昭和45年4月1日 大学院経済学研究科博士課程設置、薬学部製薬学科増設(入学定員/薬学科60名、製薬学科40名)
看護学校入学定員を40名(従前30名)に増員
昭和46年4月1日 看護学校第2科(夜間)設置(入学定員30名)
昭和50年4月1日 医学部医学科入学定員を80名(従前60名)に増員
昭和56年5月31日 附属病院増築工事完成により、病床数を914床とする
昭和57年3月31日 長野県茅野市に野外教育施設完成
昭和58年1月7日 附属病院の病床数を821床とする
昭和58年5月16日 附属病院の病床数を808床とする
昭和60年4月1日 薬学部薬学科入学定員を50名(従前60名)に減員し、薬学部製薬学科入学定員を50名(従前40名)に増員
昭和62年4月1日 医学部分子医学研究所発足
昭和63年4月1日 名古屋市立大学看護短期大学部設置(看護学科入学定員100名)
平成元年3月31日 看護学校第2科廃止
平成元年4月1日 大学院経済学研究科修士課程設置(日本経済・経営専攻入学定員15名)
平成2年3月31日 看護学校廃止
平成2年4月1日 大学院薬学研究科前期課程の入学定員を45名(従前26名)に増員
平成3年4月1日 経済学部経営学科増設(入学定員/経済学科140名、経営学科70名(うち、10名は平成6年度までの期限付))
看護短期大学部に専攻科設置(助産学専攻入学定員15名)
平成4年12月1日 医学研究科実験動物研究教育センター完成
平成6年4月1日 看護短期大学部専攻科助産学専攻、学位授与機構の認定を受ける
平成7年3月31日 薬学研究科先端薬学研究施設完成
平成7年7月1日 特定機能病院承認
平成8年3月29日 医学研究科・医学部研究棟完成
平成8年3月31日 教養部廃止
平成8年4月1日 人文社会学部設置(人間科学科入学定員50名、現代社会学科入学定員50名、国際文化学科入学定員55名)
芸術工学部設置(視覚情報デザイン学科入学定員30名、生活環境デザイン学科入学定員30名)
自然科学研究教育センター設置
経済学研究科経済研究所発足
平成11年4月1日 看護学部設置(看護学科入学定員80名)
計算センターを情報センターに名称変更
平成12年4月1日 大学院人間文化研究科修士課程設置(入学定員15名)、芸術工学研究科修士課程設置(入学定員25名)、システム自然科学研究科修士課程設置(入学定員15名)
大学院医学研究科の専攻を再編し、入学定員を52名(従前27名)に増員
平成13年4月1日 大学院薬学研究科の専攻を再編し、入学定員を前期課程72名(従前45名)、後期課程18名(従前13名)に増員
図書館と情報センターを統合し、総合情報センターを設置
平成14年3月31日 看護短期大学部廃止
平成14年4月1日 大学院部局化
大学院人間文化研究科博士課程設置(入学定員/前期課程15名、後期課程5名)、芸術工学研究科博士課程設置(入学定員/前期課程25名、後期課程5名)、システム自然科学研究科博士課程設置(入学定員/前期課程15名、後期課程5名)
平成15年4月1日 大学院看護学研究科修士課程設置(入学定員12名)
大学院人間文化研究科前期課程の入学定員を25名(従前15名)に増員
平成16年1月1日 附属病院の病棟・中央診療棟(病床数808床)が稼働開始
平成16年5月1日 副学長が増員され、2名となる
平成17年4月1日 芸術工学部の学科名称をデザイン情報学科及び都市環境デザイン学科に変更し、各学科の入学定員を40名(従前30名)に増員
大学院経済学研究科の専攻を再編し、入学定員を前期課程40名(従前は前期課程及び修士課程を合わせて23名)後期課程10名(従前5名)に増員
大学院看護学研究科博士課程設置(入学定員/前期課程12名、後期課程5名)
人間文化研究科人間文化研究所発足
平成18年4月1日 公立大学法人名古屋市立大学設立
薬学部を再編し、薬学科(6年制課程・入学定員60名)、生命薬科学科(4年制課程・入学定員40名)を設置
平成19年4月1日 経済学部を再編し、公共政策学科(入学定員90名)、マネジメントシステム学科(入学定員80名)、会計ファイナンス学科(入学定員60名)を設置(入学定員合計200名から230名に増員)
平成19年5月7日 附属病院の外来診療棟が稼働開始
平成20年4月1日 大学院医学研究科修士課程(入学定員10名)を設置
大学院看護学研究科博士前期課程に助産学領域を設置、入学定員を24名(従前12名)に増員
平成20年11月30日 薬学部実習棟が完成
平成21年4月1日 医学部の入学定員を92名(従前80名)に増員(内2名は臨時定員増で、平成29年度まで)
芸術工学研究科環境デザイン研究所発足
平成21年7年31日 薬学部研究棟が完成
平成21年12月1日 システム自然科学研究科生物多様性研究センター発足
平成22年4月1日 医学部の入学定員を95名(従前92名)に増員(内3名は臨時定員増で、平成31年度まで)
芸術工学部都市環境デザイン学科を建築都市デザイン学科に名称変更
平成23年3月 臨床シミュレーションセンターを設置
平成23年4月 救命救急センターの指定
睡眠医療センターの設置
平成24年4月 芸術工学部を再編し、情報環境デザイン学科、産業イノベーションデザイン学科、建築都市デザイン学科を設置
薬学研究科博士後期課程を再編し、博士課程(4年制)及び博士後期課程(3年制)を設置
地域周産期母子医療センターの認定
平成24年5月 附属病院の東棟(喜谷記念がん治療センター)稼働開始
平成24年10月 薬学部 講義・図書館棟が完成
平成25年3月 看護実践研究センターを設置
平成25年4月 人文社会学部人間科学科を心理教育学科に名称変更
大学院薬学研究科に名古屋工業大学との共同大学院 共同ナノメディシン科学専攻(博士後期課程)を設置
平成26年8月 医療デザイン研究センターを設置
平成26年10月 名古屋市立大学憲章・名市大未来プランを制定・策定
平成26年11月 不育症研究センターを設置
平成27年4月 総合周産期母子医療センターの指定
大学院システム自然科学研究科生体情報専攻を理学情報専攻に名称変更
平成28年4月 乳がん治療・乳房再建センターを設置
国家戦略特区における保険外併用療養の特例医療機関認定
大学院経済学研究科に医療経済マネジメントコースを開講
平成28年7月 臨床研究戦略部を設置
平成29年1月 先端医療技術イノベーションセンターを設置
平成29年4月 大学院人間文化研究科修士課程臨床心理コース開設
医療心理センターを設置
いたみセンターを設置
高度医療教育研究センターを設置