公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

学長室

学長メッセージ

名古屋市立大学学長 郡 健二郎名古屋市立大学学長
郡 健二郎

本学は、名古屋薬学校(1884年設置)と名古屋市立女子高等医学専門学校(1943年設置)を源流とし、1950年に設置されました。その後、創立50周年を迎えた経済学部、20周年を迎えた人文社会学部・芸術工学部、そして看護学部とシステム自然科学研究科を加えた6学部7研究科からなる総合大学に発展してきました。また、2018年4月には総合生命理学部(仮称)の設置を予定しています。本学の特徴の一つは、6学部7研究科が一体となって、優れた人材の育成、市民の健康福祉への寄与、先端的研究の世界への発信をしていることです。

本学は、2015年に開学65周年を迎えました。それに当たりその前年の開学記念日(10月28日)に「大学憲章」を制定し、それに基づいて15年後の明るい未来像を見すえた「名市大未来プラン」を策定しました。

「名市大未来プラン」には以下の4つのビジョンを掲げています。

  1. 誇りを持ち、愛される名市大
  2. 名古屋市と共に発展する名市大
  3. 戦略性を持って世界に飛躍する名市大
  4. 経営基盤が安定した名市大

これらのビジョンのもとに、52のプランを立て、2014年から15年後までを4つの期間に分け、遂次実行していく所存です。

開学65周年記念式典においては、「各学部・研究科未来プラン」を公表しました。このプランの特徴は、各学部・研究科、および医学部附属病院の未来像を描くと共に、全学的に横断的、学際的に取り組む17のプランを掲げていることです。たとえば、2016年4月開設の大学院経済学研究科「医療経済マネジメントコース」や、2017年4月開設の大学院医学研究科「臨床医療デザイン学分野」、大学院人間文化研究科「臨床心理コース」は代表的な取り組みだと言えます。

「名市大未来プラン」が実現される頃には、名古屋市にはリニアモーターカーが開通し、街は大きく変貌していることでしょう。本学は、国内外の社会状況の変化を的確にとらえ、これからも弛みない改革に向けて努力してまいります。

私たちが目指す方向性をご理解いただき、温かいご支援を賜りますようお願い申し上げます。

平成29年3月 学長 郡 健二郎

過去の学長メッセージ

学長プロフィール